アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

マーモット(Marmot) レビュー

重量の半分がダウン 1000 Rester Down Parka/marmot

更新日:

1000 Rester Down Parka

総重量が322g、ダウン量は150g、という重量の半分が羽毛という高ロフトなダウンジャケット。

マーモットの1000 Rester Down Parkaを手に入れました。1000フィルパワーのダウンが欲しいと思い、調べていくと1000レスターダウンパーカーのこだわりに共感。

いま手に入れられる1000フィルパワーのダウンは、プラズマ1000ダウンジャケット(モンベル)、ZERO G Jacket(Rab)、1000 Ease Down Jacket(マーモット)、あたりですね。

アウターとして選ぶならば、1000レスターダウンパーカがもっともふさわしいです。

とにかく暖かい。真冬でも首都圏ならばインナーはYシャツで十分。雨に濡れても大丈夫。寝袋のかわりにもなります。

とにかく着た瞬間からふわっと暖かいのが天然ダウンの良いところです。

1000レスターダウンパーカーの写真レビュー

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

ポケットは軽量化のためジッパーがありません。しっかりと考えてあるみたいで物を落とすことは今のところなし。

 

1000 Rester Down Parka

縫い目がきっちりしているのでダウンが出てくることもありません(今のところ)。

 

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

ジッパーの裏側もしっかりしています。ジッパーが生地を噛んでしまうこともありませんし、風もしっかりシャットアウト。

 

1000 Rester Down Parka

1000FILLの証。

 

1000 Rester Down Parka

見て下さい!ダウンの厚みです。軽いのにこのふくらみ。

ダウンの暖かさは、いかに暖かい空気を保持するか?なので、このふくらみが暖かさの証拠。

 

1000 Rester Down Parka

ダウンを着ている時はサコッシュになる収納袋付き。

 

1000 Rester Down Parka

フードにもダウンがたくさん詰まっています。

 

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

1000 Rester Down Parka

レスターダウンパーカーの重量

これだけボリュームがあるのに、286g(Lサイズ)。

サイズ感的にはユニクロと同じです。日本企画品なのでジャパンサイズ。

マーモットはダウン製品に強みのあるアウトドアブランド

マーモットってどんなイメージですか?マムートと混同されていることもありますね。

日本での代理店はデサント。直営店がデパートに入っていたり、アウトレットモールにも店舗展開しています。

マーモット製品を初めて購入したのは「アイソザムフーディ」という、中綿にPolartec Alphaを使用したインシュレーションウェアでした。地味な商品ですが、よく考えられた商品で秋口の定番アイテムに。

マーモット(Marmot)/アイソザムフーディー(Isotherm Hoody)

とにかく出番が多い。 マーモットのアイソザムフーディは秋から冬にかけて、気温8度前後ならばインナーにTシャツ一枚で十分。 トレイルを走っていても通気性が高いので蒸れることはない。 中綿がPolarte ...

世界27カ国で展開していて、アウトドアメーカーの中では巨大ですね。日本ではなんとなくぱっとしない感じですが。

1973年にアメリカ・コロラド州で創設。創設時の商品は、ダウンウェアとマイナス45℃まで使用可能なシュラフでした。ダウン製品から始まったブランドなんですね。

ちなみにゴアテックスをアウトドア界で最初に採用したのもマーモットです。

マーモットにとってダウン製品はアイデンティティのような存在なのかもしれません。

レスターダウンパーカーはRe:LIGHTPACKINGシリーズ

ウルトラライトの第一人者、ハイカーズデポの土屋さんがスーパーバイザーをつとめる。

超軽量なハイキングをコンセプトにしています。

33年も前のこと、そう1983年。
アメリカのウィルダネスを快適に バックパッキングするため、「LIGHTPACKING」という コンセプトをかかげて、あらゆる製品の軽量化を開始したアメリカのアウトドアメーカーがあった。
そんな彼らが、33年前に生まれた「軽量化哲学」へ、けっこうな気合いを入れて再挑戦をするらしい。

Re : LIGHTPACKING

海外メーカーの日本独自商品って魅力のないものが多いですが、このマーモット×ハイカーズデポはすごい組み合わせ。話はそれますが、ゴールドウィンが手がけているノースフェイスの日本独自商品もかっこいいアイテムがたくさん。

マーモットから新型1000フィルのダウンジャケット登場

2018年秋冬モデルでは、マーモットから新型1000フィルダウンがでました。

「1000 Ease Down Jacket」です。

「1000 Rester Down Parka」の約半額。

フードのないジャケットタイプなのでインナーダウンとしても使える着回しの良さが魅力です。防水型のシェルと組み合わせると最強ですね。

以上、重量の半分がダウン 1000 Rester Down Parka/marmotという話題でした。

マーモット(Marmot) セール情報

マーモット(Marmot) 最終更新日:2019/3/18

  • 【最大60%オフ。超軽量レインウェア ゼロ フロー ジャケットも対象】好日山荘
  • 【3/6】セール価格から10%オフクーポン(4/1まで)
    アマゾン

関連記事

2019年3月によく読まれている記事

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 1

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出ていましたが、「Anke ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 2

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 3

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 5

最終更新日:2019/3/21 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 6

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/3/18】 2019年になりましたね。秋冬物のセールやポイント還元が始まってきました。 これから続々とアウトドアブランドの年末年始セールが ...

おすすめウィンドシェルまとめ 7

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

-マーモット(Marmot), レビュー

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.