車中泊

【車中泊】簡単!目隠し(シェード)を銀マットで自作 格安2000円

更新日:

車の目隠し

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。

いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー)にマルチシェードをつけて車中泊をしてきました。運転席と後部座席の間にカーテンをすれば、運転席用の目隠しは基本必要ないです。

いざ、車中泊をしている自分の車をみると不用心に見えたので運転席・助手席にもシェードをつけようと。

リア用はアイズの市販品を使っています。

【レビュー】寒さ・暑さ対策、トラブル回避に 窓の目隠しマルチシェード

とても満足のいく商品です。しかし、フロントはリアほど重要視していないのでコストをかけずに自作をしてみようと思いました。

結果的に、1000円の銀マットを使って15分くらいで完成。ダイソーなどの100均に銀マットがあればもっと格安に作れたのですが、さすがに売っていないですね。

車中泊用目隠し(シェード)の簡単な作り方

車の目隠し

簡単、格安のシェードの作り方のご紹介。さまざまなブログで説明されているので目新しい作成方法ではありません。今回は窓にシェードを固定する方法として、少し大きめに作りはめ込む形をとりました。吸盤を使えばしっかり固定できますがなるべくシンプルにしたかったので。

【型紙を作る→銀マットに型紙を貼る→型紙に沿って銀マットを切る→実際に窓に合わせて微調整】という順序です。

1.型紙を作る

まずは窓枠の大きさを把握するために型紙を作ります。薄手の紙で行なうと線が引きやすいので、型紙作りが楽です。わたしはトレーシングペーパーを使いました。

車中泊の目隠しを銀マットで自作

車中泊の目隠しを銀マットで自作

窓に紙を挟みこんで線をひきました。爪で跡をつけるだけでも型が取れそうでしたが、一応ボールペンでしるしをつけます。

2.銀マットに型紙を貼る→型紙に沿って銀マットを切る

使用する銀マットの厚みは8ミリです。あまり厚みがあっても収納の邪魔になりますし、薄すぎても窓枠に固定するのが難しいので、ほどほどの厚み。

サイズは、横幅200cmx縦幅120cmのLLサイズを選択。小さいものを選んでも値段があまり変わらないので。

型紙を銀マットに貼ったら、線より上下左右5ミリくらい大きめに切ります。あんまりぴったり切ってしまうと窓枠に固定できなくなります。吸盤を使う方はぴったりサイズでOKです。ちょっと大きめに作ることによって反発力で固定します。

切る時はカッターでもはさみでも大丈夫です。直線はカッターで、曲線ははさみが楽ですね。

 

車中泊の目隠しを銀マットで自作

マスキングテープを使うとのりがついてべたべたすることもなく、調整も容易です。

 

3.実際に窓に合わせて微調整

車中泊の目隠しを銀マットで自作

車中泊の目隠しを銀マットで自作

 

車中泊の目隠しを銀マットで自作

ちょっとわかりにくいですが、少しだけはみ出るように凹凸をつくるとテンションがかかって取れづらくなります。

 

車中泊の目隠しを銀マットで自作

一枚出来れば、重ねて同じ形に切れば、反対側の目隠しも簡単に作れます。

 

自作の目隠しと既製品のマルチシェードの違い

わたしの場合は、フロントが自作シェード、リアが既製品のシェードです。どちらが優れているというわけではなく用途に応じてだと思います。

外からの見た目、車内にいる時のインテリアとしての見た目は、既製品のマルチシェードの圧勝です。自作はやはりみすぼらしいですね、なんとなく。

車の目隠し

↑フロントの自作シェード

 

車のマルチシェード

↑既製品のマルチシェード

既製品のマルチシェードの良いところは、シェードを装着した状態で窓の開閉が出来る点です。

運転中もシェードをつけたままで大丈夫。また、空気を入れ替えたい時は、窓を開閉できる。運転席と助手席は装着したまま運転できないのでリアに限った話です。

ペットや赤ちゃんがいる場合は、助手席でもリアでも日差しが暑い時もあると思うのでマルチシェードがとても役に立ちます。

 

アイズのマルチシェード

マルチシェードをチェック

なるべくコストをかけずに快適な車中泊をするための目隠しは、「前席が自作シェード、リアが既製品シェード」と考えています。金銭的に余裕があれば、すべて既製品にしたいのが本音ですね。ま、ここでお金を浮かせて、性能のいいクーラーボックスを買おう〜。

以上、【車中泊】簡単!目隠し(シェード)を銀マットで自作 格安2000円という話題でした。

車中泊マルチシェード
【車中泊】寒さ・暑さ対策、トラブル回避に 窓の目隠しマルチシェード

車中泊を年間50日くらいしています。その経験の中で、最も必須の車中泊グッズは窓の目隠し(マルチシェード)です。 この窓を隠すシェードがあるだけで車中泊生活は一変します。 車中泊の困りごと外の電灯で寝ら ...

ふるさと納税お得情報

ふるさと納税をご存知ですか?
納税して返礼品がもらえるお得な制度です。いずれにしても納税はするので、どうせなら欲しいものをもらったほうがいいですよね。
例えば、ふるさと納税でモンベルポイントバウチャー(商品券)がもらえます。

長野県小谷村のモンベル ポイントバウチャー

お得な50%還元の返礼品としては、日本旅行のギフトカード・HISのギフトカードがあります。納税額の約半分が帰ってくるというびっくりな返礼品

日本旅行のギフトカード(50%還元)

HISギフトカード(50%還元)

ジェフグルメカード(40%還元)

サーティワンアイスクリーム商品券(40%還元)

岐阜県七宗町は、「コールマン」「マキタコードレスクリーナー」「ブラーバ」などが還元率30%以上で選べてお得な自治体。

七宗町のふるさと納税返礼品を見てみる

ふるさと納税の制度について詳しく知りたい方は、「簡単!ふるさと納税でアウトドアグッズをもらおう」を読んでみて下さいね。

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/8/3 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 良 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/8/11】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」って思った ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.