レビュー 車中泊

【車中泊】Anker PowerHouseを購入する時に悩んだ点をレビューに

更新日:

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。

エンジンをかけ続けることなく携帯の充電をしたり、扇風機を回したり、電気毛布を使ったり。

いままで、さまざまな小型バッテリーを買ってきました。太陽光パネルも買いました。そしてやっとたどり着いたのがAnker PowerHouse。この商品はほぼ完璧。

用途にもよりますが一週間くらいの車中泊ならばAnker PowerHouseで事足りると思います。

購入に至るまでに悩んだ点、どのくらいの容量でどれだけ充電できるのか?充電する方法、車で充電できるのか?他にも競合バッテリーはあるのか?などに関して書いてみたいと思います。


Anker PowerHouseのレビュー

Anker PowerHouse

Anker PowerHouseのレビューというほどではないですが使用感や使用画像などをご紹介。

Anker PowerHouse

フィットシャトルの場合はタイヤハウスの後ろがちょうどいい設置スペースになっています。寝ている時も足に当たらずデッドスペースも潰せます。バッテリーの上に滑り止めシートを敷いておくとコップなどが置けてなにげに便利。

Anker PowerHouse

18リッターのスノーピーク/フロストパックソフトクーラーと並べた感じ。Anker PowerHouse単体で見ると大きく見えますが、こうして比べてみるとそうでもないですね。

サイズは横200×高さ145×奥行き165mm。重さは4.2kg。

この大きさだとキャンプでテント内に置いても気になりませんね。

PowerHouse.車中泊

フィットシャトルの車内に置いてもまったく邪魔ではないです。ちなみにマットはEXPEDのSIM LITE3.8という商品。長さが182cmあります。フィットシャトルはフルフラットにすると180cm以上になります。

PowerHouse

ビデオカメラを充電しているところ。電池残量がわかりやすいです。

Anker PowerHouseは車で充電できました

車で充電できれば、いちいち充電のたびに車外に出すこともなく便利ですよね。シガーソケットから直接だと充電できません。ソーラーパネルで発電するのもロマンがあり、やってみたいところですがなかなかハードルが高いです。

一番簡単なのはインバーターを使うこと! シガーソケットにインバーターを差し込み、コンセントから電源をとれば走行中に充電をすることができます。

baker powerhouseを車で充電

インバーターの仕組みや走行中の充電に関しては記事にしましたので、よろしければご覧ください。

【車中泊】電気毛布も使えるおすすめコンセント セルスター/インバーター HG-150

ALLPOWERS 60WというソーラーチャージャーだとDC出力があるので、そのまま給電できるようです。これならば、ソーラー発電も簡単ですね。

Anker PowerHouseの容量

電力の容量はWhやらVやらAなどよくわかんない表記。わたしはこういうの苦手なんでさっぱりわかりません。なのでちょっと調べてみました。参考文献は独立型太陽光発電と家庭蓄電―停電・アウトドア対応

※この項目は間違いがあるかもしれないのでご自分でも調べた方がいいと思います。とにかくあほなんで、私。書いているうちに混乱してきて結局よくわからなかったです。

容量 :14.4V / 434Wh

入力 :DC 16.8V / 7.5A

出力 :DC出力:12V / 10A

AC出力:110V / 1.09A

USB出力:5V / 6A(各ポート最大2.4A)参照:Anker公式サイト

 

容量

14.4Vは電圧。リチウムバッテリー市場では一般的なサイズ。電池1本3.6Vを4本直列したものです。18Vもインパクトドライバーなどでは使われているようです。

次の434Wh(ワットアワー)はなんでしょう。
Wh = 電力(W) × 時間(h)、つまり電力と時間の積算です。

例えば、アマゾンプライムデーで購入したHUAWEI/P9LITEで計算をしてみます。

バッテリー定格容量: 3000mAh/11.46Whと表記されています。単純計算すると37回くらいは充電できる。毎日充電しても一ヶ月は保ってしまいますね。

仕事に使っているモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000ですと38WhなのでHUAWEI/P9LITEが3.3回充電できます。日常的にはこれくらいで十分ですね。

 

入力

DC 16.8V / 7.5Aと書いてありますがこれまたわかりません。いまのところコンセントからしか充電できないのでわからないまま放置。発売される予定のソーラーパネルが出たら勉強したいと思います。

車のシガーソケットからの充電、ソーラーパネルでの充電は基本的に無理のようです。調べればやっている人が見つかると思います。個人的には使い切ったら家で充電すればいいと思っているので問題ないです。

長期の車中泊旅行や災害時などではソーラー充電できると助かるでしょうね。100Wくらいの太陽光パネルを買って実験でもしてみます、そのうち。

空の状態から満タンにするのに8時間くらいかかりました。

出力

出力は使用機器を見極めるのに大事ですね。使用する機器のアンペア数を調べて電流が足りるものを使う。足りない場合は動かないということみたいです。だいたいワット数が書いてあるみたいなので、それを使用電圧で割るとアンペアが出ます。例えば10W÷DC12V=0.83A

DC出力:12V / 10A(シガーソケット)・・・例えば車中泊で使われることの多いENGEL エンゲル冷凍冷蔵庫 ポータブルSシリーズ DC電源 容量14L MD14F-DだとDC12V/2.8Aなので余裕を持って動かすことが出来ます。アイドリングをしなくても使えるのは便利ですね。

Wh÷出力ボルト(DC12VかAC110V)=Ah。434WhのPowerHouseは12V36Ahのバッテリー。

エンゲル冷蔵庫(2.8A)だと12時間くらい使える計算になります。ロスもあるみたいなのでこの数字通りにはいかないと思います。

私が使っているなかぎし 電気ひざ掛け毛布は55W。4.6Wになるので8時間くらいは使える計算ですね。Anker PowerHouseで電気毛布を一晩使える!膝掛けなんで足しかカバーしませんが。足先が寒いので、全身暖める必要もないかな、と。

AC出力:110V / 1.09A(コンセント型)・・・家庭用のコンセントが100V。ほぼ同じ規格ということなのでしょうかね。

USB出力:5V / 6A(各ポート最大2.4A)

最初にも書きましたが間違いがあると思います。

電気毛布も使えます!

バッテリーで電気毛布

アンカー パワーハウスは正弦波なので、だいたいの電化製品が使えます。当然、電気毛布も使えますよ。

 

バッテリーで電気毛布

私が使っているなかぎし 電気ひざ掛け毛布は、ほんとに膝にかかるサイズ。これでも十分暖かいです。

温度調節を「中」にして10分間使ったところ、バッテリーを2%ほど消費しました。60分だと12%くらい。少し余裕を見て、満充電の状態から8時間くらいは使えそうです。車中泊している間は大丈夫そうですね。

Anker PowerHouseの競合商品

比較対象はsuaoki

ポータブル電源が各社から出ています。

最初に買ったのはメルテック ポータブルバッテリー 5WAYシステム電源  Meltec SG-3500LED

「AC100V1口 120W/DC12V1口12A /USB1口 2.1A /LEDライト セルブースト機能付」なので機能的には競合になりますかね。しかし鉛蓄電池なので放電をします。一カ月に一度程度、補充電が必要になります。気づくとからっぽになっていたり、長く大事に使っていくには知識が必要です。

最もよく比較されているのはsuaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Whでしょうね。

suaokiのほうが優れている点は3つ

バッテリー上がりに対応する

専用のソーラーパネルがある→suaoki 100W ソーラーパネル

300Wのコンセントが二つある

suaokiのデメリット・ankerが優れている点

私がankerしか持っていないので想像です。

Ankerが1kgくらい軽い。

Ankerというメーカーへの信頼感。カスタマーサービスなどのソフト面と医療用や災害用に使われるというハード面。よく理解していないアイテムなのでメーカーへの信頼感は私にとっては重要でした。

小さくてAC電源(コンセント)が使いたい場合

容量はそんなに大きくなくてもノマドなどでコンセント型で充電したい場合。

そんな時はRAVPower 27000mAhがおすすめです。27000mAhなのでPowerHouse120600mAhの1/4くらいの容量になりますが、1.5kgくらいと軽さも1/3くらいになります。車ではない方はこちらですね。価格は24,000円くらい。変動がありますね。

Anker PowerHouseの価格変動

PowerHouseの価格変動は激しいです。基本的にAmazonでAnkerDirectが販売しているものを購入するといいと思います。他の業者は定価より高く販売していることがあります。

Anker製品はAnkerDirectのみが正規販売店です。

定価は49,980円。

ヨドバシカメラやビックカメラは55,500円くらいで販売して5,500円分ポイント還元をしています。何の意味があるのかな?変な業者から買うよりはこちらの方が安心ですね。

アマゾンのイベント、プライムデーやタイムサービスなどで安くなることがあります。その時に買うのが一番お得だと思います。2017年7月10日(月)18:00~7月11日(火)に行なわれたプライムデーでは25%OFFの37,350円で登場していましたよ。

2017年12月11日限定サイバーマンデー特選セールでは、なんと30%OFFの34,800円で登場!でした。

まとめ

車中泊・キャンプグッズとして、災害対策グッズとして、普段使いにおすすめできるアイテムです。

東日本大震災の時、3日ほど停電状態で過ごしました。乾電池も売り切れ、簡易のソーラー充電器があったので、スマホで情報を得ることができました。電波が弱かったのかTwitterしか出来ませんでしたが。乾電池を備蓄するのもいいですが、このPowerHouse一台あれば、3日くらいは安心な気持ちになると思います。

車中泊はもちろん、キャンプで音楽を聴いたり、ライトを付けたり、用途はたくさんあります。一家に一台あるとなにかと便利で安心ですよ。

2017/12/13現在、セール中

powerhouseの約半分の容量50,000mAhのバッテリーが14890円。

100500mAhで22980円。

36Wのソーラーチャージャーで上記のM5/M10への充電が可能。割安でソーラーシステムが完成しますね。

アドセンス336px




アドセンス336px






アークテリクス・パタゴニアなどが10%オフ!

アマゾンで対象アウトドアブランドが10%オフ。2017年12月15日から2018年1月24日23時59分まで。
在庫処分というよりは新作が安くなっています。

アークテリクス

ホグロフス

マムート

パタゴニア

スノーピーク

ミレー

すべてのセール対象商品

パタゴニア公式サイトで冬物セールが始まりました。
記事にまとめたので、よろしければご覧ください。

【セール】パタゴニア公式サイトでナノエアやR1

\ シェアしてください /

よく読まれている記事

1

賛否両論ありますふるさと納税。 私の故郷である世田谷区では30億円の税収減(3.3%減)だそうです。 ...

atom ar hoody 2

10月も後半に入り寒い日が増えてきました。アークテリクスの定番ダウンジャケットといえばアトムLTフー ...

ナノエアフーディ 3

購入から一年。現在の毛玉具合をご報告します。 結果的には毛玉はできるが、ナノエアベストも買ってみよう ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要で ...

マウンテンイクイップメントのパウダーパンツ 5

ダウンジャケットの30%ほどしか市場規模がないといわれるダウンパンツ。冬には欠かせない必要性の高いア ...

-レビュー, 車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.