車中泊

【車中泊】anker powerhouseをソーラーパネルで充電(suaoki 60W)

更新日:

本日(2018/3/3)の長野県は15℃まで気温があがりました。だいぶ春めいてきましたね。

そこで、「suaoki ソーラーパネル 60W」で発電して「アンカー パワーハウス」に充電できるのかを試してみました。

結果的には充電できます!とくにパーツを買い足したりすることもなく、純正品だけで接続完了です。

レビューなどでは、「Ankerから純正のソーラーパネル出ないかな」と言われていますが、suaokiのソーラーパネルで十分ですね。しかし、Ankerは開発力の高い会社なので純正ソーラーパネルも楽しみです。



anker powerhouseをsuaoki ソーラーパネル 60Wに接続

キャンプでは、地面に置いて充電できますね。昼間の間にポータブルバッテリーに充電し、夜は電気毛布やパソコンに繋いで電力として使う、オフグリッドな環境を作れます。

アンカーパワーハウスをソーラー充電

suaoki ソーラーパネルを広げるには、100cm×60cmくらいのスペースが必要です。

 

アンカーパワーハウスをソーラー充電

Anker powerhouseに付属しているDCケーブルでポータブルバッテリーとソーラーパネルを接続します。suaokiのソーラーパネルに付属しているDCケーブルでは充電できなかったので相性もあるみたい。

 

アンカーパワーハウスをソーラー充電

Anker powerhouseに付属しているDCケーブル(約40cm)は短いです。ソーラーパネルとポータブルバッテリーを近くに設置しなければなりません。DCケーブルを延長させれば問題解消。

DCケーブル 延長コード

ソーラーパネルをポータブルバッテリーに直接繋ぐとバッテリーを傷めるという話もあるので不安な方はソーラーチャージャーコントローラーを間にはさむといいですね。



車のダッシュボードでも発電をしてみました

車のガラス越しの発電は、太陽光を直接あてるよりも50%ほど効率が悪くなるようです。

3月・気温15℃・12時頃の日差し。この条件で30分発電しました。結果は2%ほど充電できました。

2%ということは、2412mAh。iphone7やiphone8のバッテリー容量は1821mAhという話なので30分で満充電できるということなのでしょうか?だとすると結構パワーがあるような。

Anker PowerHouse
【車中泊】Anker PowerHouseを購入する時に悩んだ点をレビューに

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...







関連記事



最近の投稿




-車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.