アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

本日のセール


最大35%オフ!フーディニジャケットもアメニティドームもあるよ。

【スノーピーク、パタゴニアがセール】ナチュラムタイムセール(7/18 17:59まで)

車中泊グッズ

JAFより早く簡単、バッテリー上がりに | Anker Roav ジャンプスターター Pro

更新日:

JAFより早く簡単、バッテリー上がりに | Anker Roav ジャンプスターター Pro

一回でもバッテリー上がりしたことのある方なら有用性を感じるジャンプスターター。さまざまなメーカーから販売されています。この記事では、「どのジャンプスターターがいいのかな」「Anker Roav ジャンプスターター Proは買っても大丈夫かな」といった疑問に答えていきます。バッテリー上がり対策については以下の記事で書いています。

車のエンジンがかからない 車中泊旅行中のバッテリー上がり対処方法

ジャンプスターター選びで最も大事な要素は「信頼性」です。非常事態で使えなかったらただの置物なので。

Anker Roav ジャンプスターター Pro(製品型番:R3120011)

製品寸法約161 x 84 x 33mm
製品重量約378g
入力5V = 3A
出力出力ポート1:5V=3A, 9V=2A,12V=1.5A
出力ポート2:5V=2.4A
容量8000mAh
同梱物本体、USB-A & USB-Cケーブル、クランプ付ジャンパーケーブル、キャリーケース、取扱説明書
型番R3120011
価格6,999円(税込)

Anker Roav ジャンプスターター Proの特徴をレビューや評価から捉えてみる

ジャンプスターターは緊急時に使うものなので使用感については書けません。そこですでにジャンプスターターとして利用された口コミから特徴を探ってみようと思います。デメリット・メリットなどなど。

Anker Roav ジャンプスターター Proのレビュー

デメリット

  • ジャンプスターターが満充電でないと失敗することもある
  • 充電方式が少ない
  • 個体の当たり外れが判断できない
  • 大きい・かさばる

ジャンプスタートに失敗した方が数人。多いのは「排気量が大きい車であること(3,000cc以上)」「ジャンプスターターが満充電ではなかったこと」。充電が付属品だと「USB-C & USB」でしかできない。基本的に使ってみないと個体の当たり外れが判断できないのもデメリットですね。これは「Anker Roav ジャンプスターター Pro」に限ったことではなく、どのジャンプスターターも一緒です。

メリット

Anker Roav ジャンプスターター Pro

  • ジャンプスタートがしっかりできる
  • スマホに充電するバッテリーとしても使える
  • ケース・本体に高級感がある
  • 未使用時の自然放電が少ない
  • 説明書が日本語表示

メリットで多いのは当たり前ですがジャンプスタートに成功すること。多くの方がしっかりジャンプスタートできています。軽自動車から3,000cc以上のガソリン車、エスティマハイブリッドなど。これだけジャンプスタートに成功していると、使い方さえ誤らなければとても信頼性の高い商品だと思います。

ジャンプスターターからスマホに充電できることもメリットのひとつ。しかし、あまり使ってしまうと肝心のジャンプスタートができなくなってしまいます。

説明書が日本語なのも助かりますね。やっとことがない作業を外国語を翻訳しながらは無理ですから。バッテリー上がってパニクっているでしょうし。Anker公式サイトに取り扱い説明書のPDFがありますので不安な方はご確認ください。同じものが紙で付属します。

Anker Roav ジャンプスターター Pro取扱説明書(PDF)

耐熱温度

車内に常備しておくものなので耐熱温度も気になります。真夏の車内は70℃以上になるといわれています。爆発とか怖いですよね。

JAF|エコ&セーフティ|JAFユーザーテスト|車内温度|車内温度/夏

アマゾンのレビュワーさんでアンカーに問い合わせをした方がいます。

「当該製品につきましては、使用時に推奨される温度範囲は-10°~70℃で、保管時に推奨される温度範囲は-20°~70℃でございます。ご安心ください。」
との事でした。 uさん

助手席の下など直射日光が当たらない場所に保管すれば大丈夫ですね。

Anker Roav ジャンプスターターには二種類ある

「Anker Roav ジャンプスターター」には、無印のものと「Pro」が付くものの二種類あります。わかりにくいのが安いほうに「Pro」が付いていること。

アイテム名Anker Roav ジャンプスターター(無印)Anker Roav ジャンプスターター Pro
公式サイトAnker Roav ジャンプスターターAnker Roav ジャンプスターター Pro
製品寸法約155 x 85 x 30mm約161 x 84 x 33mm
製品重量約355g約378g
入力15V = 1A5V = 3A
出力5V = 3A (最大 3A)出力ポート1:5V=3A, 9V=2A,12V=1.5A
出力ポート2:5V=2.4A
容量9000mAh8000mAh
同梱物Roav ジャンプスターター、MicroUSBケーブル、15V充電器、クランプ付ジャンパーケーブル、キャリーケース、取扱説明書Roavジャンプスターター Pro、USB-A & USB-Cケーブル、クランプ付ジャンパーケーブル、キャリーケース、取扱説明書
型番R3110511R3120011
価格7,999円(税込)6,999円(税込)

無印のほうが優っている点

  • 防水仕様(防水規格:IPX5)
  • 容量が1,000mWh多い
  • 付属品での充電方法が多い(シガーソケット・ACコンセント)

大きいのは「防水仕様」と「コンセントで充電できる」点でしょう。そのかわりUSBでは充電できません。また、出力がProに較べて低いです。防水仕様にこだわりがなければ安い「Pro」を選べば失敗しないと思います。

Anker Roav ジャンプスターター Proと競合アイテムを比較


競合アイテムとして「LVYUAN ポータブル電源 ジャンプスターター 大容量 26800mAh」を考えました。ポータブル電源にジャンプスターターがついているタイプです。「Anker Roav ジャンプスターター Pro」の3倍の電力量を持っています。価格が2倍になり(16,500円)、容量が3倍なのでポータブル電源をお持ちでない方はこちらもありかな。

LVYUAN ポータブル電源 ジャンプスターター 大容量 26800mAh

 

同レベルのジャンプスターターでアンカー製品より安いものもあります。個人的にアンカーという会社にとても信頼感があるので競合アイテムと考えませんでした。アマゾンのクーポンを使うとかなり安く買えるアイテムもありますので「個体の当たり」を狙うのもありですね。だめなら返品すればいいので。

クーポンが出ているジャンプスターターはこちら

Anker Roav ジャンプスターター Proの写真レビュー

Anker Roav ジャンプスターター Pro

衝撃に強そうな頑丈なケースに入っています。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

仕切りの反対側にはケーブルやUSBケーブルが収納。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

Anker Roav ジャンプスターター Pro

残充電がわかるインジケーターや方位磁石があります。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

裏面はLEDライト。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

①車との接続②スマホなどが充電できるUSBジャック③ジャンプスターターを充電するUSB-C。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

Anker Roav ジャンプスターター Pro

①高さ9.5cm②奥行き12cm③横21cm

Anker Roav ジャンプスターター Pro

取扱説明書は日本語です。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

入力にも出力にも使えるUSB-A&USB-Cケーブル。短いので(30cmくらい)長いのを買い足してもいいかもしれません。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

新書との大きさ比較。上段が本体だけの比較。下段がケースとの比較。

Anker Roav ジャンプスターター Proの購入方法

Anker公式サイト、Amazon、楽天で購入できます。なぜか公式サイトはだいたい在庫切れしています。Amazonがもっともセールになりやすいです。出品者AnkerDirectから購入すれば、どのサイトでも18ヶ月保障対象になります。発売されてからの最安値は5,599円です(アマゾンタイムセール時)。

created by Rinker
Anker
¥6,999 (2019/07/18 20:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ 緊急に備えるなら信頼性の高いものを

車のトラブルはせっかくの旅が台無しになってしまうのでできる限り避けたい。でも、旅行中になぜか起こるんですよね。いらいらして家族と喧嘩になったり。予想されるトラブルに備えておくことで少しでも不快なことを減らすことができます。

もっとも大事なことは、肝心の緊急事態にちゃんと使えること。レビューやカスタマーサービスからわかるようにAnkerの信頼性は高いです。7,000円と安くはありませんが、結果的にかかる費用や時間を考えるとコストパフォーマンスの高い備品になります。トラブルに負けず楽しいドライブを!

さらにJAFを付け加えると車旅のトラブル対策はより良くなります。くわしくは、「車のエンジンがかからない 車中泊旅行中のバッテリー上がり対処方法」という記事で。

以上、JAFより早く簡単、バッテリー上がりに | Anker Roav ジャンプスターター Proという話題でした。

関連記事

アーカイブ

最近の投稿

2019年6月によく読まれている記事

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電! 1

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 2

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出ていましたが、「Anke ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 3

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 4

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 5

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 6

最終更新日:2019/5/26 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/7/18】 アウトドアブランドのセール時期について。まず、年末年始セールが始まります。例年12月15日頃からセールが始まり、年末年始セール ...

おすすめウィンドシェルまとめ 8

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人それぞ ...

-車中泊グッズ

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.