アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

パタゴニア アウトレット

【11/7】パタゴニアで2019年秋冬モデルが登場。「スナップ・フロント・レトロX・ジャケット」「シェルド・レトロX・プルオーバー」といった新商品も。セールアイテムもフーディニジャケットなどありますよ!

パタゴニアオンラインショップはこちら

アークテリクス(arcteryx)

超軽量 Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

更新日:

アークテリクス軽井沢アウトレット

梅雨時〜秋頃に使えそうなAtom SL Hoody / Arc'teryxを購入しました。夏山の稜線上や山頂などでの休憩中にも重宝しそうな絶妙なポジショニングの商品だと思います。中綿入りやウインドシェルより着用できるシーズンが長いことが購入の決め手でした。

購入店舗は軽井沢アウトレット サロモン アークテリクス 軽井沢店。

サロモン アークテリクス 軽井沢店 - Salomon ARC'TERYXの(Facebookページ)。アークテリクスのセール商品、サロモン、スントもセール情報がたまに出てます。また、オシュマンズ軽井沢アウトレット店でもアークテリクスの取り扱いあり。歩いて三分くらいの近距離。
アークテリクスのアウトレットは軽井沢だけでなく三井アウトレット木更津にもあり。

【レビュー】アウトドアブランドが豊富 軽井沢・プリンスショッピングプラザ

 

アークテリクス軽井沢アウトレット

汎用性の高さがメリット

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

ウインドシェルやソフトシェルでは若干寒い。しかしパタゴニアのナノエアでは暑い。そんな防風性もありつつ、ほんのり暖かみもあるジャケットがアトム SL フーディです。

空気透過性と耐風性のバランスが良いシェル素材により、活動時に空気の流れを作り、静止時には寒さを和らげる 40g/m² Coreloft™ Compact インシュレーションは、高圧縮性があり、ウェット時は断熱効果が働き、ほんのわずかな重量で優れた性能を発揮します。Atom SL の素材はすべて、湿気をコントロールし、動作中の快適さを促すために選び抜かれています。袖は快適なメッシュ裏地で、軽量フリースのサイドパネルにより、熱性能と通気性を促進します。立体構造の袖と脇の下のガゼットでさらに動きやすく。

アトム SL フーディー(アークテリクス公式サイト)

アトム SL フーディの口コミでよくあるのが「寒い」というもの。確かに防寒用の化繊ダウンと考えると寒いです。どちらかというとウインドシェルよりのアイテムなのでインナーに薄手のフリースなどをレイヤリングしていくのがいいと思います。私はアダヒフーディというアークテリクスのテクニカルフリースをインナーに着ています。

アークテリクスの薄手フリース「アダヒ フーディ」の特徴や写真をブログレビュー

Atom SL HoodyとAtom AR HoodyとAtom LT Hoody

アークテリクス Atomシリーズには3バージョンあります。
AR,LT,SLという部分が違いとなります。

ATOM AR HOODYのARはオールラウンドの意味です。
高いパフォーマンスと、あらゆる天候から守ってくれる幅広い機能を備えた、さまざまなアクティビティでオールラウンドの汎用性を発揮。

atom ar hoody
真冬もOK!アトムLTフーディより格段に暖かい アトムARフーディ(アークテリクス)

アークテリクスの定番ダウンジャケットといえば、「アトム LT フーディ」。秋口(11月下旬くらい)ならば、アトム LT フーディで十分ですが、冬になってくると防寒性が物足りなくなってきます。この記事で ...

ATOM LT HOODYのLTは軽量の意味です。
非常にすぐれた耐久性を持つトップパフォーマンス素材で構成され、かつ合理的なミニマルな機能で軽量化を実現したアイテム。

アトム LT ジャケット
アークテリクス社員みんなが持ってる アトム LT ジャケット(アークテリクス)

アークテリクス公式サイトに 『本社のスタッフ全員が Atom LTを1着以上所有しています。女性スタッフのほとんどは2着持っています。』 と書かれているアトム LT。 パタゴニアだと『社員全員フーディ ...

ATOM SL HOODYのSLは超軽量の意味です。
既存の素材では最軽量のものを採用し、どんな天候からもしっかり保護。相応の耐久性を持ちつつパフォーマンスと収納性にもすぐれている。

重量(Mサイズ)特長中綿量値段
Atom AR470g寒さなどのいろいろな要素から身を守る120g/m237,800円(税込)
Atom LT360gアクティブなミッドレイヤーとして適する60g/m234,560円(税込)
Atom SL260g超軽量で汎用性が高い40g/m229,160円(税込)

アトムシリーズを比較した記事を書きましたので、迷っている方はご覧ください。

まだ未完成ですが、サイズ感やレビューをまとめました。

Atom SL Hoodyのレビュー

海外レビューサイトの適当な意訳です。

軽さ、携帯性、若干の天気抵抗力、フリースのような暖かさ、まさに "windbreaker plus"

how the atom sl compare the epsilon lt water resistance and wind resistance.
イプシロンLTフーディと比べると耐風性、耐水性は劣る。イプシロンLTフーディは560gあるソフトシェル。

薄手のフリースやソフトシェルが競合商品のようですね。

海外サイトでatom slと同等レベルの商品が比較されていたのでご紹介


ナノエアフーディ、ナノパフ(共にパタゴニア)、Atom LT Hoodyとの比較。
なんとなくカテゴリーが違うものを比べているような気もします。

Atom SL Hoodyが高得点のなのは軽さのみですね。
また透湿性でもナノエアフーディより若干劣ると。The Tyonoという表地のファブリックは、Patagonia Nano-Air Hoodyほどは透湿性が高くない。

暖かさではAtom LT Hoodyが一番。
軽さを考えればとても暖かいというコメントもありました。重くなれば暖かくすることは容易ですからね。軽さと暖かさのバランスを自分がどう選択するか?

耐水性はナノパフフーディ。あたりまえっちゃあたりまえ。
軽く、着心地よく、透湿性が高く、かっこいい、という評価でしょうか。

パタゴニア/ナノエアフーディはレビューを書いています→パタゴニア/ナノエアフーディ レビュー

アトム SL フーディ レディースの画像

彼女が買ったのは、Bourbon(バーボン)という茶系のカラー。
Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

Atom SL Hoody / Arc'teryxの機能紹介

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
素材の切り返しやカッティングにこだわったミニマルなプロダクト。
気になる点を写真で紹介してみたいと思います。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
ジッパーは、No Slip Zipというものです。ジッパーを持たずに生地を引っぱることでも片手で簡単にあけることができます。ジッパーの歯12枚ごとにフックのようなものが付いているので自然に開いてしまうことはないです。簡単に換気の為に開けられるが自然には開かないという優れもの!

首の部分が高いのもとても好みです。耐風性がある上にかっこいい。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
腕の内側はストレッチフリース素材になっています。伸縮性と換気に役立ちますね。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
手の甲の部分が若干長めに出来ています。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
ストレッチフリースの部分はかなり伸びが良いです。腕がとても動かしやすい。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
オレンジ色の線がポケットです。ポケットの出入り口より大きめにポケットが出来ています。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
裏返してみた正面。青い生地の部分が中綿(coreloft)入り。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
裏返してみた背面。青い生地の部分が中綿(coreloft)入り。

Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス
腕にはcoreloftが入っていません。ストレッチフリースではない部分はメッシュになっており、さらっとした着心地。

アークテリクス アトムシリーズの簡単な収納方法

とてもわかりやすい動画がありましたのでご紹介。腕の部分を収納袋としてコンパクトにしています。

スコーミッシュフーディ」や「ノディンジャケット」のようなウインドシェルと違い、使いどころが難しいアイテムです。中綿入りなのでウインドシェルより着用できるシーズンが長いことが最大のメリット。

「ダウンとウインドシェルの中間的なアイテムでフリースの代替物になるもの」をお探しの方にはぴったりです。

created by Rinker
¥27,500 (2019/11/12 08:21:05時点 楽天市場調べ-詳細)

ウインドシェルをお探しの方は、「【比較ランキング】 おすすめウィンドシェルまとめ」をどうぞ。

以上、超軽量 Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクスという話題でした。

アトムシリーズを比較しました!

アトムシリーズを比較した記事を書きましたので、迷っている方はご覧ください。




てんとくん
アークテリクス レビューブログ記事をまとめました♪

アークテリクスのレビューブログ

アークテリクス(Arc'teryx)製品を実際に使ってレビューを書いています。アトムシリーズなどの化繊ダウンからフリース、ゴアテックスジャケット。

サイズ感が難しいブランドなので様々なサイトから情報を集めています。海外通販サイトからも情報を得ているので購入で悩んでいる方には参考になると思います。

アークテリクス レビュー一覧

アークテリクスのセール情報はこちらから 【アウトドアセールまとめ】パタゴニア・ノースフェイス・アークテリクスなど

関連記事

-アークテリクス(arcteryx)

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.