アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

本日のセール


最大35%オフ!フーディニジャケットもアメニティドームもあるよ。

【スノーピーク、パタゴニアがセール】ナチュラムタイムセール(7/18 17:59まで)

パタゴニア(patagonia)

【登山に街着に】バギーズパンツ パタゴニア | 速乾・丈夫・スタイリッシュ

更新日:

バギーズパンツ パタゴニア サイズ感と口コミのまとめ

街着でも登山でも車中泊でも快適なパンツを探していて、気に入ったのがパタゴニアの「バギーズパンツ」です。

アウトドアブランドのパンツ選びはジャケットよりも難しいと感じています。おそらく欧米人と日本人では、ウエストと脚の長さのバランスが大きく異なるからでしょう。

普段選んでいるアウトドアパンツは、モンベルやゴールドウィン企画もののノースフェイスです。やはり日本人に向けて開発しているので、「脚が長過ぎる」といったことはあまりありません。

「バギーズパンツ」のデメリットやサイズ感、口コミなど購入する際に気になりそうな点を簡単にご紹介したいと思います。また、最後に2019年バージョンのカラーを載せておきます。

「バギーズパンツ」のサイズ感

日本のパタゴニア公式サイトだとサイズ感に関するレビューが少ないので、海外通販サイトの「Backcountry.com」と「REI」も参考にしてみました。結局、外国の方の口コミなのであまり参考にならないかもしれません。

バギーズパンツにはレディースモデルがありませんので、男女兼用のサイズ感です。

  • 155cm・54kgでSサイズ(女性)
  • 179cm・63kgでSサイズ
  • 182cm・68kgでMサイズ
  • 176cm・74kgでMサイズ
  • 189cm・95kgでLサイズ
  • 179cm・74kgでLサイズ
  • 178cm・79kgでLサイズ

足首が伸縮性のあるゴムなので長さはなんとかなる、というコメントがありました。また、私がよく買い物をしているアウトドアショップmoderateさんのエントリー「私のpatagonia Baggies Pants穿き方。(パタゴニア バギーズ パンツ)」でパンツの丈が長いときのヒントが紹介されています。このテクニックを使うと足丈の問題は解決できますね。

サイズ選びはウエストに合わせていけば良さそうです。

「バギーズパンツ」の口コミ・レビュー

こちらも海外通販サイトの「Backcountry.com」と「REI」を参考にしてみました。

  • ひざ下から引き締まっているので、マウンテンバイクに最適。サイクリングからディナーまでこれ一本でOK!
  • ベルトをする必要がないので、バックパックのハーネスと干渉しないのがいい
  • 伸縮性のある裾がサンダルとの相性がいい
  • 前のポケットがバギースショートに較べて浅いのが気になる
  • 股上が浅いので腰が出やすい
  • 暑い時期のロングハイクにぴったり
  • 快適だけど物がなくなる(ポケットが浅い)
  • 快適・軽量・スタイリッシュだけど収納が貧弱
  • 速乾・丈夫・スタイリッシュ・涼しい

おおむね好評です。とくに評価されているのは、「丈夫さ」「速乾性」「スタイリッシュ」の3点。逆に酷評されているのは、「ポケットが浅い」「股上が浅い」の2点。

「バギーズパンツ」のデメリット

口コミを見ていくと「ポケットが浅い」「股上が浅い」の2点がデメリットとして目立ちます。その2点にプラスして、私が気になった「前部のファスナーがない」の合計3点を解説します。

ポケットの浅さ(特に前のポケット)

たしかに前のポケットが浅いというか、物が落ちやすいのは気になりますね。

スマホをポケットに入れて車の運転席に座ると、いつの間にかスマホが座席の下に落ちていたりします。

座る時はポケットに入れなければ解決かな、と思っています。

歩いているときや走っているときに物を落としたことはありません。

「どうしてもポケットに小物を入れたい」という方にはおすすめできないパンツです。

逆に文庫本などの大きいものは落ちません。

バギーズパンツ パタゴニア サイズ感と口コミのまとめ

文庫本をしっかり入れた様子

バギーズパンツ パタゴニア サイズ感と口コミのまとめ

ポケットの間口も広い

 

ポケットの浅さはモンベルやノースフェイスのパンツとほとんど変わりませんでした。

形状的に物が落ちやすいみたいです。

股上が浅い(かがむと腰が出る)

口コミの中に「plumber's crack」という単語がたくさん出てきます。日本語にすると「半ケツ」ですね。

よっぽど腰が出てしまうんでしょうね。

実際のところ、履いていてもあんまり腰がでてしまうことはないです。インナーを丈の長いものにすれば解決かな。

バギーズパンツ パタゴニア サイズ感と口コミのまとめ

バギーパンツとモンベルのソフトシェルパンツの股上を比較

 

上の写真はバギーズパンツMサイズとモンベルのクリフライトパンツLサイズの股上を比較したものです。ウエストも股下もほぼ同じサイズ感。

当然、股上も同じ感じ。でも、バギーズパンツのほうが腰が出やすいです。

素材とウエストをきつく絞りにくいから「plumber's crack(半ケツ)」が起きやすいのかな、と思いました。

前部のファスナーがない(男性限定のデメリット)

ウエストをひもで結ぶタイプなので、わりとトイレが面倒です。

登山などでは気になりませんが、普段着として使っている時はとても気になります。

「バギーズパンツ」の歴史

ショートタイプのバギーズパンツを20年ほど愛用しています。バギーズパンツ ショートは1982年から販売されている歴史あるロングセラーです。

「バギーズパンツ」も1980年代に発売されたのですが、いつの間にかカタログ落ち。

2016年に「バギーズパンツ」が再発売されて、すぐに購入しました。「バギーズパンツ ショートの質感でロングタイプが欲しいな」とずっと思っていたので。

「バギーズパンツシリーズ」のタイプ(ロング・ショート・ジャケット)

メンズのバギーズシリーズには、「バギーズパンツ」「バギーズ・ショーツ」「バギーズ・ロング」「バギーズ・ナチュラル 6 1/2インチ」「バギーズ・ライト」「バギーズ・ジャケット」があります。

レディースのバギーズシリーズには、「バギーズ・ショーツ」「アイランド・ヘンプ・バギーズ・ショーツ」「ベアリー・バギーズ・ショーツ」があります。

以上、【登山に街着に】バギーズパンツ パタゴニア | 速乾・丈夫・スタイリッシュという話題でした。

パタゴニア セール情報

パタゴニア 最終更新日:2019/6/20

パタゴニアのウェブセール
パタゴニアオンラインショップはこちらへ

関連記事

アーカイブ

最近の投稿

2019年6月によく読まれている記事

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電! 1

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 2

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出ていましたが、「Anke ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 3

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 4

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 5

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 6

最終更新日:2019/5/26 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/7/18】 アウトドアブランドのセール時期について。まず、年末年始セールが始まります。例年12月15日頃からセールが始まり、年末年始セール ...

おすすめウィンドシェルまとめ 8

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人それぞ ...

-パタゴニア(patagonia)

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.