アウトドア・キャンプ用品をもらおう! ふるさと納税とは

モンベル諏訪店

このページでは、ふるさと納税でアウトドアグッズを手に入れる方法をご紹介しています。モンベル、ノースフェイス、スノーピーク、コールマンなどのアウトドアアイテムが納税することにより返礼品としてもらえます。

南相馬市にふるさと納税でアウトドアグッズやバーミキュラ【2018年度】」という記事では福島県南相馬市へふるさと納税することにより、カリマー、コールマンなどのアウトドアブランドからバーミキュラなどの高級家電まで返礼品でもらえることをご紹介しています。

モンベルポイントバウチャーの50%還元市町村は、「【ふるさと納税2018】還元率50% モンベル ポイントバウチャー 和歌山県串本町・北海道小清水町・長野県駒ケ根市」でご紹介しています。

人口4,000人の街、岐阜県七宗町のふるさと納税返礼品も豪華です。コールマンなどのアウトドアグッズからダイソン、マキタの掃除機、高級除湿器まであります。

まずは、どんなアウトドアブランドがふるさと納税でもらえるのか把握したい方は、「【2018】アウトドア系ふるさと納税まとめ スノーピークやノースフェイス、モンベル、テントなどキャンプ用品」という記事がおすすめです。

ふるさと納税について簡単な説明

アウトドアグッズやキャンプグッズ、キャンプ場利用券などが返礼品としてもらえる「ふるさと納税」。お得だとわかっていても、なかなか制度が複雑で手を出しにくいですよね。

私も何年間か、やってみたいけど断念してきました。しかし、昨年やっとのことで初ふるさと納税!やってみたら簡単でしたので、ふるさと納税の仕組みをご紹介します。いくつか注意点がありますが、やってみると一時間もかからずに寄附が出来ますよ。

2015年度は約130万人がふるさと納税を利用したそうです。まだまだ普及しているとは言いがたいですが。みんなより早く、賢くお得な制度を使いましょう!

結局、納税することになりますので、少しの手間でお得な返礼品をもらってみませんか?

ごちゃごちゃ書いてもわかりにくくなりますので簡単に書いていきます。物足りない方は、総務省のサイトなどをご覧ください。

ふるさと納税制度とは

地方自治体に寄附をすることで税金が控除され、実質2000円負担で豪華な返礼品がもらえる制度。

国にとってのメリットは、地方活性化です。都市部に集中している税金を地方に流すことにより、地方の税収アップで活性化することを目的としています。

ふるさと納税の仕組み

  1. 納税者が自治体に寄附
  2. 自治体から受領書が送られてくる
  3. 受領書を用いて確定申告をする(2018年は2月16日(金)〜3月15日(木))
  4. 翌年以降の所得税・住民税が控除される(寄付額から2000円をひいた金額)
  5. 税金が安くなるので、実質2000円で返礼品をもらったことになる

控除を受けるには、「確定申告」か「ワンストップ特例制度」を行なう必要があります。

確定申告・・・2017年12月31日までに行なったふるさと納税は、2018年2月16日(金)〜3月15日(木)に確定申告を行なわないと2018年度の所得税・住民税から控除されません。

ワンストップ特例制度・・・確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組み。ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。ワンストップ特例制度の申請用紙とマイナンバーの写しを、寄附した自治体に送付すること(翌年の1月10日までに)で完了。

個人的には、確定申告の方が簡単だと思います。確定申告の会場に源泉徴収やふるさと納税の受領証を持って行くだけ。

2018年度の確定申告について

ふるさと納税はいつからいつまで?

1月1日から12月31日の1年間。この期間に行なったふるさと納税(寄付)が、翌年の控除の対象となります。

ふるさと納税自体はいつでもできます。また、同じ年度内に何度でも行なえます。

例えば、

2018年7月 長野県大町市に30,000円寄附+2,000円の負担金をして15000円分のモンベルポイントバウチャーをもらう

2018年12月 新潟県三条市に60,000円寄附をして、スノーピーク本社キャンプ場券をもらう

合計90,000円の寄附

2,000円の負担金は一回だけ。いくら寄附しても、何回寄附しても実質負担額は2,000円です。

ふるさと納税はいくらまで?

家族構成と給与収入、居住地で決まります。下記のサイトでお調べください。

「給与収入」は、いわゆる年収のこと。源泉徴収前の給与・賞与を全て合計した額面の金額。

「給与所得」はこの給与収入から経費とみなされているものを給与所得控除として差し引いたもの。

ふるさと納税の際は、ふるさと納税を行なう年度の「給与収入」で行ないます。

その年の所得は12月31日時点で確定しますので、だいたいの金額で寄付額を計算することになりますね。

総務省のふるさと納税制度-税金の控除について

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税と住宅ローン控除は併用できます。

ふるさと納税と医療費控除は併用できます。

住宅ローン控除、医療費控除、ふるさと納税は一緒に確定申告しましょう。

寄附した自治体から送られてくる「受領証(ふるさと納税の領収書)」をなくさないようにしましょう。再発行してくれない自治体もあります。

ふるさと納税まとめ

自治体に寄附をして、送られてきた受領証で確定申告をする。

簡単に言うと、ふるさと納税ってこれだけなんですね。

収入によって寄付額の上限を調べる、控除を受ける方法を選ぶ(確定申告かワンストップ申告)ことでお得な返礼品がもらえます。

ぜひ、ふるさと納税に挑戦してアウトドア・キャンプグッズをもらって下さい。

ふるさと納税でアウトドア・キャンプ用品をもらおう! 記事一覧

ふるさと納税でパタゴニア

【ふるさと納税】パタゴニア・ヒルバーグ・ホグロフスが選べる返礼品 和歌山県高野町

2018/8/12  

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

no image

【アウトドア】おすすめランキング 楽天ふるさと納税編

2018/8/10  

結論から言いますと、楽天ふるさと納税でもっともおすすめのアウトドア系返礼品は和歌山県高野町の「アウトドアOrangeオンラインクーポン」です。 還元率が40%である上に、パタゴニアやヒルバーグ、マウン ...

七宗町のふるさと納税

キャンプグッズ・ブラーバ・マキタ掃除機 | 岐阜県七宗町をふるさと納税で応援しよう

2018/7/28  

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」って思った ...

モンベル諏訪店

モンベル 諏訪店でモンベルポイントバウチャーを使ったよ

2018/5/25  

長野県小谷村へのふるさと納税で頂いた「モンベル ポイントバウチャー」。高遠城址公園さくら祭りへ行く途中に、モンベル諏訪店がありましたので買い物をしてきました。 モンベル諏訪店は、ファクトリーアウトレッ ...

南相馬市にふるさと納税でアウトドアグッズやバーミキュラ【2018年度】

2018/7/8  

太平洋に面した福島県南相馬市は、伝統と自然に満ちた場所です。東日本大震災の被災地として取りあげられることの多いこの市ですが、一度訪れれば、その歴史の深さと自然豊かな地域ならではの楽しみを知ることができ ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント

【ふるさと納税2018】還元率50% モンベル ポイントバウチャー 和歌山県串本町・群馬県長野原町・長野県駒ケ根市・小清水町

2018/8/8  

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

七宗町のふるさと納税

【2018】アウトドア系ふるさと納税まとめ パタゴニアやノースフェイス、モンベル、テントなどキャンプ用品

2018/8/10  

最終更新日:2018/8/3 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 良 ...

モンベルポイントバウチャー

2017年7月からモンベルポイントバウチャーの還元率が50%から30%へ(小谷村へのふるさと納税)

2018/6/10  

アウトドア派に人気 長野県小谷村(おたりむら)へのふるさと納税。 小谷村はだいたい50%の返納率でした。 例えば、30000円納税すると15000円分のモンベルポイントバウチャーがお礼に送られてきます ...



Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.