アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

期間限定の返礼品 アマゾンギフト券!

2018年12月9日現在、【アマゾンギフト券 還元率40%】が「ふるなび」で提供されています。さらに、いまなら寄付額の2%のアマゾンギフト券がもらえます。税金の42%が金券で返ってくるなんてあり得ないですね。
アマゾンギフト券はこちら
アマゾンで買い物しない方はこちら!
ジェフグルメカード(50%還元)
JCBギフトカード(40%還元)

車中泊

【洗える電気毛布】冬の車中泊・キャンプに | 消費電力も電気代もお得

投稿日:

バッテリーで電気毛布
秋から冬の時季にかけては防寒対策が欠かせませんね。気温が低くなり、身体も冷えやすくなるこの季節は、風邪など体調を崩すリスクも高まります。

とくに、車中泊やキャンプをしていると「簡単に安全に暖まる」ことができるアイテムが欲しくなります。

そこで、手軽に使える防寒グッズとして近年注目を集めているのが電気毛布。持ち運びが簡単、電気が使える環境ならどこでも使用できるという使い勝手の良さから、購入する方が年々増えています。

わたしもなかぎしの電気毛布を長年愛用しています。しかも、車用と家用の二枚体制です!

また、電気を使うことが難しい環境こそ防寒グッズは必須となります。例えば、災害時や車中泊、キャンプなど。電気毛布ではこうした状況に対処できないのではと考える方も多いでしょう。

しかし、電力の確保が難しい環境で電気毛布を使用する方法もあります。それは、ポータブルバッテリーを使うという方法です。

これにより、電気の供給を受けられない場所でも電気毛布を使うことができます。しかも、電気毛布は消費電力もそれほど多くないため、大容量のバッテリーであれば長時間にわたって使い続けることも可能ですよ。

このように、日常的な使用からアウトドア、非常時に至るまで、幅広い用途での活躍する電気毛布。そんな電気毛布市場において、特におすすめの製品があります。

それが、「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」。

便利な機能を多く搭載しているため、快適に使用することができるほか、日本製であるにもかかわらず、比較的安価で手に入れることができる点なども人気の理由となっています。

では、どのような製品なのか具体的に見ていきましょう。

created by Rinker
椙山紡織
¥3,313 (2018/12/10 05:21:13時点 Amazon調べ-詳細)

デメリット

この製品のことを理解するために、まずはデメリットから見ていきましょう。商品を購入する際は、ついメリットの方に目が行きがちですが、買ってから後悔しないためには欠点を知っておくことも重要です。

「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」のデメリットのひとつとして、まず独特の臭いが挙げられます。

この製品を購入した方による口コミの評価を見ていくと、「石油のような臭いがする」といった声が少なからず見受けられます。なかには耐えられないほどの臭いだと報告する方もいるほどです。特に職場などで使う場合、自分だけでなく他人にも不快感を与えてしまうことにもなりますから、こうした場面での使用を考えている方にとっては看過できない点と言えるでしょう。

また、毛玉ができやすいという声もあります。アクリル100%の素材を使っていることもあり、使用しているうちに毛玉が多くできてしまったという報告も少なくありません。気になる方はこちらも留意しておきましょう。

生地に関しては、薄いといった意見もあります。膝にかけるタイプの電気毛布であるため、冷気の影響を受けやすい薄手の生地ではしっかりと温めることができないという側面もあるようです。厚手の膝掛けと併用するなど、冷え込む時期には工夫して使うことも求められるでしょう。

コントローラーについても不満の声があります。毛布とコントローラーをつなぐコードが短いため、体を移動させる際にコントローラーをどこかにぶつけてしまったり、踏みつけてしまったりといった危険性もあるようです。故障の原因ともなりますから、取り扱いには十分に注意した方が良いでしょう。

さらに、コントローラーの大きさ、重さにも批判的な声があります。この製品のコントローラーは比較的大きめのサイズとなっており、その分重さもあるようです。そのため、使い勝手が悪いと感じる方もいます。

メリット

では、続いてメリットを見ていきます。以上のようなデメリットがあるにもかかわらず、いまも多くの人々から購入されているというのは、それを上回るメリットがあるからなのです。

「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」が支持されている最大の理由は、やはり日本製だからでしょう。価格の面から言えばもっと安い製品もありますが、国内で製造されているという安心感からこちらを選んだという方も多く見受けられます。

肝心の性能についても高い評価を得ています。設定できる温度は、強で52℃、中で36℃、弱で20℃程度ですから、冷えた体を一気に温めることができるだけでなく、低めの温度に設定してじっくりと温まることもできるなど、幅広い使い方も可能となっています。このため、車中泊や災害の際など、他の暖房器具が使えない環境でも、温かく過ごすことができるでしょう。

機能も充実しています。まず、使用するうえで最も重要となるのは室温センサーが搭載されている点です。これは、室内の温度に応じて強弱を自動的に調節してくれる機能ですから、その都度手動で調整しなくとも快適に電気毛布を使用することができます。

さらに、ダニを退治してくれる機能も搭載しています。かゆみや腫れといった症状の原因となるダニですが、この機能を使用することで電気毛布に付着しているダニを駆除することができるのです。

また、洗濯可能であるという点もこの製品の強みです。手洗いはもちろん、洗濯機を使用した丸洗いについても対応しており、清潔な状態で使い続けることができます。

値段についても良心的です。他の日本製の電気毛布と比較すると、こちらの製品は3500円程度と控えめな値段となっており、その点も多くの方から購入されている理由となっています。

このように、「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」には多くの魅力があります。確かに、上記のような欠点や注意点なども報告されていますが、比較的手の届きやすい価格ながら高い性能を実現していることを考えれば、十分に購入する価値のある製品だと言えるでしょう。

よくある質問

次に、この製品に寄せられることの多い質問に、一問一答形式で答えていきます。購入するうえで知っておくべきことばかりなので、しっかりと確認しておきましょう。

Q.一時間あたりにかかる電気代は?
A.メーカーによれば、強で約0.8円、中で約0.5円、弱では0.1円程とのことだよ。エアコンやストーブなどの暖房器具に比べると、とてもお得なんだ。

Q.コンセントなしでも使えるの?
A.残念だけど使えないよ。充電式や電池式ではないからね。普通の膝掛けとしてなら電気なしでも使うことができるけど、その場合はコントローラーが邪魔に感じるという意見もあるみたいだよ。

Q.本体のサイズ、重さは?
A.サイズは、横がフリンジ込みで140cm、縦が82cmとなっているよ。だから、膝掛けとしてだけじゃなく、肩から掛けたり、ソファーに敷いたりといった使い方もできるんだ。また、重さについてはコントローラーも含めて850g程度となっているみたいだよ。

Q.使用上の注意点は?
A.火傷には注意が必要だよ。強のモードで使用する場合は言うに及ばずだけど、中や弱といった低めの温度でも、長時間同じ場所に当て続けることで低温やけどを引き起こす可能性があるんだ。あと、室温センサーが誤作動を起こす可能性もあるから、コントローラーを膝掛けのなかに入れるのもやめておこう。詳しくは取扱説明書に記載されているから、購入後はしっかりと確認しておくことをおすすめするよ。

口コミまとめ

「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」は多くの方々から購入されている製品です。それだけに、この製品にはレビューも数多く寄せられています。

ユーザーの口コミを見る限り、この製品は高い評価を得ているようです。日本製ながら比較的安めの値段で購入することができるうえ、エアコンやコタツより電気代もかからないことが人気の理由となっています。さらに膝掛けタイプであることから、オフィスでも違和感なく使用することができ、主にデスクワーク中に使っているとの報告も確認できます。

ただ、その一方で不満の声も少なからずあります。これらは、実際に使用している方からの貴重な声でもありますから、製品の長所だけでなく、その欠点、使用上の注意点などを知ることのできる絶好の機会とも言えるでしょう。

そこでここからは、ユーザーによって寄せられたレビューや体験談のなかから、特に知っておくべきことをピックアップしていきます。

まずは、デメリットの項でも取り上げた「石油臭」についてです。批判的なレビューのなかでは、この部分に関する指摘が目立っています。

ただしその程度は幅広く、少し気になる程度といったケースから、耐えられないほど強烈な臭いがするため、処分したというケースまであります。また、使うにつれて徐々に臭いが消えていったという報告もあるほか、全く気にならないといったレビューもあるようです。このことから、石油のような臭いについては個体差もあると言えそうです。

とはいえ、臭いについては感じ方に個人差もありますから、ある方にとっては気にならない程度の臭いでも、敏感な方の場合には気になるレベルである可能性も考えられます。こうした臭いが気になるという方は、購入する際はやはり注意しておいた方が良いでしょう。

コントローラーに関しても多くの指摘があります。デメリットの部分でも触れているように、こちらも批判的な意見がやや目立ちます。

なかでも多いのは、やはりコントローラーの大きさや重さを指摘する声です。デスクワーク中など、椅子に座って使用されることの多いこの製品ですが、そのコントローラーの重さによって地面方向に引っ張られ、毛布がずり落ちてしまうといった報告がいくつかありますし、サイズが大きめとなっているため置き場所にも困るという意見も見られます。

一方、温かさについては概ね高評価です。足元をしっかりと温めることができたという報告は多く、あまりの暖かさに眠くなってしまうといった声すらあります。

ただコンパクトなサイズであるため、人によっては足全体を覆うことができず、十分に温まらないという場合もあるようです。男性など、大きめの体型の方は特に注意が必要でしょう。また、気温によっても温度の感じ方は異なりますから、寒い季節や雪の多い地域などに住んでいる方の場合などは、膝掛けをもう一枚追加する等、工夫して使うことも重要です。

以上が、「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」に寄せられている声です。ここに挙げたような注意点があることを踏まえたうえで、購入を検討した方が良いと言えるでしょう。

電気毛布を買う時期(価格変動)について

自宅や職場での使用はもちろん、ポータブルバッテリーさえ用意しておけば、車中泊やキャンプ、そして近年ますますリスクの高まってきている災害時にも使用できる製品ですから、購入しておいて損はないはずです。

ほぼ3,000円前後で購入できる暖房器具としてはコストパフォーマンスがとても高いアイテムです。

時期的に、毎年11月後半から値段があがるので、購入を考えている方はお早めに。下の画像は、「Sugiyama 電気ひざ掛け毛布」の一年間の価格変動表です。

需要が高まると値段があがるみたいですね。

created by Rinker
椙山紡織
¥3,313 (2018/12/10 05:21:13時点 Amazon調べ-詳細)

以上、【洗える電気毛布】冬の車中泊・キャンプに | 消費電力も電気代もお得という話題でした。

アマゾン サイバーマンデー開催中

てんとちゃん
アンカーパワーハウスは20%オフの39,800円。信頼性なら断然アンカー!アウトドアウェアも安いよ!サイバーマンデー情報はこちら

-車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.