レビュー 車中泊

車中泊での水の保存・犬用の水持ち運びに | クリーンカンティーン

投稿日:

クリーンカンティーン

車で移動の際に水をどうやって管理してますか?

コンビニで買っても夏場だとすぐにぬるくなってしまいます。飲みかけだと、水が悪くなってそうでこわいですよね。

車中泊旅で困っていることは水の管理です。エンゲルスの冷蔵庫や性能の良いクーラーボックスがあれば困ることもないでしょうね。

わんこと一緒に行動していると、本当に常に水のことを考えています。「どうやって質のいいお水を常にキープするか?」。

そこで、「クリーンカンティーン」を導入しました。犬用の水持ち運び用です。赤ちゃん用に使っている方は多いかと思いますが、犬用にも最適ですよ。

一日くらいならば冷たさをキープできて、一生使えそうな頑丈さ、シンプルデザイン。

8年使っているクリーンカンティーン インスレート

2018年、今年の夏は本当に暑いですね。連日40℃近くまで気温があがります。

アウトドアや車旅を趣味とする方々にとって、欠かせないのが水分の確保。とくに暑い季節は熱中症に注意しなくてはなりませんし、遭難の可能性も否定できない登山においては、水の確保が最悪の場合の生命線ともなりますよね。

最近はどこにでもコンビニがあって、いつでも水が手に入る。

しかし、市販のペットボトルでは保温性・保冷性に難があります。ぬるくなった飲み物は美味しくない。また耐久性が弱いという点も問題です。

山などの過酷な状況下では傷が入ってしまう可能性も考えられ、内容物がこぼれてしまうこともあります。このため、登山等のアウトドアを行う際には強度や保温性などに優れた水筒を持参することが重要だと思います。

このような点から、登山家やキャンパーなど多くの方々に評価されているブランドがあります。それが、クリーンカンティーン。

クリーンカンティーンの製品は、インスレートの場合、保冷性と保温性の両面に優れています。断熱性に優れた素材や構造を採用し、外気の影響によって飲み物の温度が変化してしまうのを防いでくれます。

高い強度も、このブランドの特徴です。ステンレス製のボトルの先駆者的存在であり、傷や衝撃に耐えうる丈夫な製品を多く販売しています。

上記の写真のクリーンカンティーン インスレートは、八年使っているものです。わんこが我が家にやってきたときにお散歩用に買いました。

いまだに現役です。液漏れもしませんし、保冷保温ともに性能は落ちていません。何度も地面に落としているので、底面がぼこぼこですが、これもまた味が出ていていいものです。

そのうえ、軽さも実現しているので持ち運びにも苦労しません。山専ボトルなどに比べると重いですが。

クリーンカンティーンと山専ボトル

クリーンカンティーンと山専ボトル

 

また、使いやすさにもこだわっています。飲みやすいよう、飲み口が広くなっているほか、分解もできるので帰宅後の水洗いも容易です。

健康や環境に配慮した製品であることも、クリーンカンティーンの魅力のひとつです。自然環境や人体に有害な物質は使用しておらず、安心して使用できます。このため、自然を深く愛するアウトドア愛好家にも納得の製品と言えるでしょう。

クリーンカンティーンは、一生使えるような製品の開発、販売を目標としています。

使い捨ての製品を減らし、環境を保護するためです。2002年、このブランドの創設者であり、発明家でもあったRobert Sealsは、健康や環境に問題を及ぼす恐れのあるプラスチック製のボトルに対し、強い懸念を感じていました。そこで作り上げたのが、後にクリーンカンティーンの製品となるものの試作品です。

以来、耐久性などの改良や多くのイベントでの製品の提供といった活動を通して、徐々にブランドの評価や売上も高まっていき、人気ブランドとしての現在の地位を得たのです。

さて、クリーンカンティーンの製品にはいくつかの種類があります。まず、創業時に発売されたモデルである「クラシック」です。

健康への悪影響に配慮し、食品用18-8ステンレススチールを使用しているほか、製造工程にも徹底した配慮をもってつくられているのが特徴。なお、これらの点は他の製品にも受け継がれていくこととなります。また、シンプルなデザイン、構造を採用しているため、頑丈さと軽量さを両立しており、持ち運びにも便利です。

「クラシック」の特徴を受け継ぎつつ、使いやすさを追求したモデルが「ワイドボトル」です。開口部が直径54mmとなっているため、飲み物や氷を簡単に入れることができるうえに、洗浄も楽になります。

保温性、保冷性に優れた製品もあります。「インスレート」は、二重壁の真空断熱構造を採用しており、ボトル内の飲み物の温度を長時間保つことが可能です。

ただし高性能な反面、「クラシック」や「ワイドボトル」と比べると高額になっています。

より多くの量を持ち運びたいという方には「グロウラー」がおすすめです。これは容量を重視したタイプとなっており、他のモデルよりも多くの飲み物を入れることができます。

このほか、クリーンカンティーンはタンブラーやカップなども販売しています。もちろん、他の製品と同様にステンレスタイプとなっているため、丈夫かつ軽量です。

また、他のブランドとのコラボ商品も販売しています。クリーンカンティーンならでは高品質さはそのままに、さまざまなデザイン、機能をプラスした製品を購入することが可能です。

このように、自然環境とユーザーの健康に対する思いやり、そしてそこから生まれた高品質で使いやすい製品がクリーンカンティーンの魅力です。

実際、こうした点が評価され、日本でも高い評判を得ています。アウトドアをはじめとしたさまざまな用途、場面で使える点や、高いデザイン性などから、国内でもファンが多いのがこのブランドです。

その一方で、批判的な意見もあるようです。このうち、特に多いのが液漏れしやすいという点です。さらに、保温性についても賛否両論があり、不満を感じている方もなかには見受けられます。

しかし、クリーンカンティーンが人気の高いブランドであることは事実です。興味のある方は一度試しに購入してみても損はないでしょう。

ふるさと納税お得情報

ふるさと納税をご存知ですか?
納税して返礼品がもらえるお得な制度です。いずれにしても納税はするので、どうせなら欲しいものをもらったほうがいいですよね。
例えば、ふるさと納税でモンベルポイントバウチャー(商品券)がもらえます。

長野県小谷村のモンベル ポイントバウチャー

お得な50%還元の返礼品としては、日本旅行のギフトカード・HISのギフトカードがあります。納税額の約半分が帰ってくるというびっくりな返礼品

日本旅行のギフトカード(50%還元)

HISギフトカード(50%還元)

ジェフグルメカード(40%還元)

サーティワンアイスクリーム商品券(40%還元)

岐阜県七宗町は、「コールマン」「マキタコードレスクリーナー」「ブラーバ」などが還元率30%以上で選べてお得な自治体。

七宗町のふるさと納税返礼品を見てみる

ふるさと納税の制度について詳しく知りたい方は、「簡単!ふるさと納税でアウトドアグッズをもらおう」を読んでみて下さいね。

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/8/3 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 良 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/8/11】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」って思った ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-レビュー, 車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.