アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

ふるさと納税

【2019】アウトドア系ふるさと納税まとめ パタゴニアやノースフェイス、モンベル、テントなどキャンプ用品

更新日:

最終更新日:2019/1/7
アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。

良くない面も多々ありますが、個人の家計を考えると制度を利用した方がいい、と考えています。2,000円の自己負担で豪華な返礼品がもらえるというお得な制度はなかなかないですね。

2017年度は300万人の方がふるさと納税を利用。2015年が130万人でしたので、だいぶ制度が浸透してきたようです。金銭的なデメリットがない制度なので損をしないように利用されるといいと思います。どちらにせよ、納税するお金なので、少しでもリターンがあるほうがお得ですよね。

ふるさと納税の制度がわからない方は、「アウトドア・キャンプ用品をもらおう! ふるさと納税とは」という記事で簡単に解説しているのでよかったら読んでみて下さい。

2019/1/25追記


モンベルポイントバウチャーは返礼品からなくなりました。

2019年1月現在のお得な40〜50%還元の返礼品は、日本旅行のギフトカード・Orangeオンラインクーポンがあります。高還元率の返礼品はなくなる流れだと思います。日本旅行ギフトカードは有効期限がありませんので、ひとまず寄附をしておくのも手です。

新潟県燕市は家電がたくさん。寄附をすると幼稚園・保育園・小学校にエアコンを設置する費用に当てることができます。
新潟県燕市の返礼品はこちら
ゆるキャン△グッズもあるよ!

例年は「6月〜11月あたりがもっとも返礼品の品揃えがいいのである程度寄附をする」→「12月末に収入が確定したところで残りの寄附をする」という感じがお得でした。

しかし2019年は6月に法改正がありますので、そこで高額の返礼品や地場に関係ないものは除外になると言われています。所得額がある程度固まっている方は、6月までに欲しいものを得ておいたほうがいいと思います。

  • 2018/8/3追記:和歌山県高野町 アウトドアショップOrangeで使えるオンラインクーポン
  • 2018/10/18追記:石川県羽咋市に「NANGA×oxtos オーロラライトダウンパンツ」などを追加
  • 2018/11/8追記:埼玉県飯能市を追加(クリーンカンティーンとのコラボ ヤマノススメグッズ)
  • 2018/11/14追記:兵庫県加西市にアラジンブルーフレームを追加。冬キャンに活躍しそうですね!
  • 2018/11/20追記:滋賀県米原市を追加(ナンガ ダウンシュラフ)
  • 2018/12/9追記:新潟県三条市に「スノーピークキャンプ場」「キャプテンスタッグ」を追加
  • 2019/1/7追記:返礼品を見直し、2019年度版に入れ替えました

アウトドア系のふるさと納税 返礼品

2018年度は長野県小谷村の「モンベルポイントバウチャー」と「北海道白糠町のいくら醤油漬【500g】(8,500円の寄附)」を選択しました。2018年度末で、モンベルポイントバウチャーをはじめ、アウトドアグッズの返礼品は大部分が終了してしまいましたね。

2019年6月から、さらに返礼品の基準が厳格になるようです。もしも目当てのものがあるようでしたら、お早めにご利用ください。

ノースフェイスの返礼品


返礼品としてのノースフェイス製品はないのですが、「アウトドアショップOrangeクーポン(40%還元)」を選ぶとノースフェイス製品やパタゴニアがクーポンで買えます。残念ながらアークテリクスはありません。
アウトドアショップOrangeの取り扱いアウトドアブランドはこちら


【キャプテンスタッグ】【スノーピーク】新潟県三条市はSnowPeak Headquartersで手ぶらキャンプ体験コースが返礼品

スノーピーク本社
人口101,358人、高齢化率28.5%。人口は年々減少傾向。ふるさと納税で2017年は3.8億円を集めています。

よく「燕三条」などと言いますが、燕市と三条市は別々の街なんですね。燕は「職人の町」、三条は「商人の町」と言われているそうです。

燕三条エリアといえば、近年ではアウトドア用品のメーカーが多い地域としても知られています。スノーピークやキャプテンスタッグ、ユニフレーム、モチヅキなど、アウトドア用品を手掛ける多くのメーカーがこのエリアに本拠地を置いているのです。

ふるさと納税の返礼品にスノーピークやキャプテンスタッグがあります。品揃えが良いのでアウトドア・キャンプ好きの方におすすめの自治体です。

おすすめ返礼品に「SnowPeak Headquartersでの手ぶらキャンプ体験コース」があります。

ふるさと納税額は60,000円。こうやって実際に三条市まで来てもらう返礼品はとてもいいですね。スノーピークならでは。本来のふるさと納税の趣旨に沿った形ですね。

ふるさと納税スノーピーク

SnowPeak Headquartersはスノーピーク本社にあるキャンプサイトです。

通常、手ぶらキャンプ体験コースは一組 39,800円なので返礼率を考えると高額。

キャンプグッズはレンタルです。使い方も教えてくます。キャンプ初心者の方にはとてもよい体験型返礼品ですね。

2018年11月に遊びに行きましたが、空がひろくて気持ちのいいキャンプ場でしたよ。

●内容:キャンプ体験1泊
●ご利用人数:大人2名・お子様3名の計5名様まで(大人の方のみの場合は4名様まで)
●ご利用時間:チェックイン/13:00(受付12:30~12:45)・ チェックアウト/12:00
※キャンプに必要な道具をレンタルでご用意いたします。
※テントの設営補助・ガス器具などのキャンプ用品の取り扱いを説明いたします。
●ご利用券有効期限:発行日より1年間

60,000円の寄附でスノーピークHQキャンプフィールド 手ぶらキャンプ体験コース

10,000円の寄附でキャプテンスタッグ キャリーケース

10,000円の寄附で新潟県三条産こしひかり10kg

10,000円の寄附でキャプテンスタッグ ラウンジチェア2脚セット

20,000円の寄附でキャプテンスタッグ ステンレスグリル

20,000円の寄附でケルヒャー 高圧洗浄機K2クラシック

20,000円の寄附でキャプテンスタッグ アルミ背付きベンチ

30,000円の寄附でキャプテンスタッグ ワンポールテントヘキサゴン

30,000円の寄附でUNILLOY キャセロール20cm

30,000円の寄附で鍛冶の町三条 満喫パック
三条の伝統鍛冶技術と、三条で長く続く割烹の食事を楽しむツアーです。2名様宿泊ご利用券(夕食+鍛冶体験付)で3万円はとてもお得な気がします。こういう返礼品はとてもいいですね。

40,000円の寄附でキャプテンスタッグ 20インチ折りたたみ自転車

60,000円の寄附でキャプテンスタッグ ワンポールテントオクタゴン

60,000円の寄附でスノーピークHQキャンプフィールド 手ぶらキャンプ体験コース

新潟県三条市の返礼品はこちら

新潟県三条市について詳しく調べたので興味がある方は読んでみて下さい。「【ふるさと納税】キャプテンスタッグが返礼品 | 新潟県三条市」という記事です。

【キャプテンスタッグ】【イグルー】【ロゴス】福岡県行橋市:クーラーボックスやテント

過疎化に悩む自治体が多い現代において、人口が増えているまちもあります。そんな自治体のひとつが福岡県行橋市です。

福岡県行橋市(ゆくはしし)は人口7万人、高齢化率26.6%の街。2017年度は1億7千万円をふるさと納税で集めました。

一番の目玉は、「ipad pro 10.5インチ」。26万円の寄附でもらえます。

アウトドア系の返礼品としては、アウトドアウォッチなど。アップル製品が行橋市の目玉返礼品です。

50,000円の寄附でナチュラルモザイク ファミリーリビングセット/ミニプラス (コールマン)

55,000円の寄附でappleTV 32GB

70,000円の寄附でappleTV 4K 64GB

100,000円の寄附で日立 コードレス冷温庫

140,000円の寄附でアウトドア用腕時計型計測器 SEIKO PROSPEX ランドトレーサー SBEM003

140,000円の寄附で2018新型Apple Watch Nike+ Series 4(GPSモデル)ホワイト

150,000円の寄附で2018新型Apple Watch Nike+ Series 4(GPSモデル)ブラック

150,000円の寄附でiPad Wi-Fi 128GB

260,000円の寄附でiPadPro 10.5インチ Wi-Fi 256GB

310,000円の寄附で日立 インバータ式エンジン発電機 E9U

360,000円の寄附でガスパワー発電機エネポ(EU9iGB)

福岡県行橋市の返礼品をチェック(ふるなび)

【NANGA ダウンシュラフ 寝袋】滋賀県米原市


米原市(まいばらし)は人口3万8千人。2017年度はふるさと納税で6,500万円集めました。

米原市と言えば、石田三成と羽柴秀吉の出会いの地とされる観音寺があります。返礼品の中にも石田三成グッズがあります。

NANGAのダウンシュラフが返礼品に追加されました(2018/11)。

ナンガの本社である「NANGA HEAD OFFICE」があることから地場産扱いなのでしょうね。米原市への寄附は楽天ふるさと納税を利用して行ないます。

80,000円の寄附でNANGA DOWN SCHLAF UDD BAG 180DX

100,000円の寄附でAURORA 350 LIMITED EDITION “Milky Way”

130,000円の寄附でDOWN SCHLAF RABAIMABAG W400

150,000円の寄附でDOWN SCHLAF MINIMARHYTHM 180

330,000円の寄附でDOWN SCHLAF AURORA  light750 SPDX

滋賀県米原市の返礼品はこちら

【ノースフェイス】【スノーピーク】長野県小谷村:モンベルポイントバウチャー、ヒマラヤオンラインクーポン

長野県小谷村(おたりむら)はモンベルポイントバウチャーが目玉でした。

2018年末でアウトドア系の返礼品はすべて終了しました。

長野県小谷村は、ふるさと納税の寄付金の使い方や寄付者のファン化に特色があります。「アウトドア系ふるさと納税で交流人口を増やす | 長野県小谷村」という記事を書きましたのでよかったら参考にして下さい。

【NANGA】【モンベル】石川県羽咋市:ダウンジャケット・ダウンパンツ・テント

石川県羽咋市(はくいし)は車で走れる砂浜 千里浜なぎさドライブウェイがある街です。日本で唯一、自然が創り上げた奇跡的な8kmのロングサンドビーチ。動画だとよくわかりますね。行ってみたいなぁ。

人口22,752人、高齢化率35.1%。2017年度はふるさと納税で26,000万円集めたそうです。地域資源もたくさんありそうなのでふるさと納税を有効活用して地域が活性化されるといいですね。

羽咋市の返礼品は、モンベルとオクトスの登山用品が主です。オクトスの本社と縫製工場が羽咋市にあります。地元の製品をしっかり返礼品にしていますね。
返礼品は、モンベル製品、オクトス製品、ローマ法王に献上されたことで知られる「神子原米(みこはらまい)」、イノシシのお肉、エビ、のどぐろ、など地域色の強いふるさと納税らしい返礼品になっています。

6,000円の寄附で【ふるさと納税】[A049] 能登神子原米 精米2kg

10,000円の寄附で【ふるさと納税】[B009] のとしし(イノシシ)肉スライス 500g

27,000円の寄附で【ふるさと納税】[R084] oxtosカーボテックライトAS (2本セット) OX-025

30,000円の寄附で【ふるさと納税】[F013] 地酒遊穂 純米吟醸2酒類・純米酒6本セット

60,000円の寄附で【ふるさと納税】[C016] 『元祖のどぐろの宿』ちりはまホテルゆ華 のどぐろ干物”贅沢”セット

76,000円の寄附でNANGA×oxtos オーロラライトダウンパンツ

石川県羽咋市の返礼品はこちら

石川県羽咋市についてももっと詳しく知りたい方は、「オクトスと北陸モンベルの拠点、返礼品にモンベル採用 | 石川県羽咋市」という記事を書きましたので参考にして下さい。

【テンマクデザイン】長野県宮田村:テンマクデザイン×こいしゆうか CAMPANDA「PANDA」

テンマクデザイン×こいしゆうか CAMPANDA「PANDAは終了しました(2018/12/31)。

木曽駒ヶ岳、千畳敷、宝剣岳など、中央アルプスの主要な山岳観光地を抱えているので山登りしている人は一回は行ったことがありそうな村です。

こちらは楽天ふるさと納税なので楽天ポイントを使って納税することも出来ます。また、寄付額に応じてポイントを得ることもできます。ポイントと貨幣の違いって?と思ってしまいますが、ポイントの使い道に困っているので便利ですね。

2018年でテントの返礼品は終わってしまいました。いまは山小屋の宿泊券があります。

10,000円の寄附で【ふるさと納税】山荘「息吹館」宿泊利用券

20,000円の寄附で中央アルプス駒ヶ岳ロープウェー招待券

30,000円の寄附で駒ヶ岳の宝剣山荘、天狗荘、頂上山荘の素泊まり1泊無料券

その他には、地元のワインなどがありますよ。

長野県宮田村の返礼品はこちら

【キャプテンスタッグ】大阪府泉佐野市:ピーチポイント、自転車

泉佐野市は海と山に囲まれた地域であり、豊かな自然も魅力として知られています。なかでも有名なのが、修験道の場として古くから使われてきた犬鳴山です。

ふるさと納税のニュースでも泉佐野市は有名です。総務省の通達を無視して30%以上の還元率で返礼品を設定しています。なんかいいですね。
平成29年には135億円もの寄附金が集まり、その額は全国一位となりました。ふるなびで扱っているピーチポイントギフトは還元率が50%です。総務省にケンカ売ってますね。

お肉や果物、海産物などの食べ物は楽天ふるさと納税がおすすめです。口コミを見ることができるので失敗する可能性が低いです。

【楽天ふるさと納税】泉佐野市のふるさと納税はこちら

航空券(ピーチ)やビールなどのアルコールならば、ふるなびがおすすめです。

【ふるなび】泉佐野市のふるさと納税はこちら

【2018/9/21追記】ふるさと納税に法規制が入りそうです。返礼品を還元率30%以下に、地場産のみ。泉佐野市は総務省と戦うようです。詳しくは、「【ふるさと納税】総務省と真っ向勝負| 大阪府泉佐野市」という記事に書きました。

神奈川県秦野市はCocci Pedaleの世界で一台だけの自転車を作るクーポン券

自転車ファクトリ―Cocci Pedale(コッチ ペダーレ)の独自設計と貴方のデザインにより、世界で一台 自分だけのおしゃれで美しい自転車を作ってみませんか。自転車購入の際に利用できるクーポン券を発行されます。

オリジナルの自転車が作れるなんて面白いですね。動画を見て頂くとわかるのですが、本当に自由にカスタマイズできます。

ちょっと見た感じ、シンプルなタイプならば55,000円くらいで組めそうです。

 

100,000円の寄附でCocci Pedaleの世界で一台だけの自転車を作るクーポン券 30,000円分

198,000円の寄附でCocci Pedaleの世界で一台だけの自転車を作るクーポン券 59,400円分

 

岩手県奥州市:南部鉄器 ダッチオーブン・ホットサンドクッカー

キャンプでロッジやスノーピークのダッチオーブンを使っている方も多いですね。岩手県奥州市の返礼品にアウトドアで使えそうなダッチオーブンがありました。

楽天のふるさと納税で寄附ができます。「南部鉄器 ダッチオーブン天火 24cm 片手 ノーマルスキレット」という商品で、定価が16,520円でした。寄付額は53,000円なのでだいたい30%くらいの還元率です。

このダッチオーブン天火のデザインは廣瀬愼さんです。サッカー日本代表だった中田英寿さんも取材をしている方で、本当に美しい『日用品』を作っています。

 鉄器に温かみを加える 「金属造形作家 廣瀬愼」(nakata.net)

キャンプ場で使っていたら目を引きそうですね。

28,000円以上の寄附でもらえる南部鉄器のホットサンドメーカーとミニフライパンのセット

ミニフライパンは内径15cm、0.8kgの扱いやすいサイズです。

53,000円以上の寄附でもらえる南部鉄器 ダッチオーブン天火 24cm 片手 グリルスキレット

岩手県奥州市の返礼品をチェック

【モンベル】北海道小清水町はモンベルポイントバウチャー+[モンベル×小清水町コラボグッズ]が返礼品 2018/5/31で終了

5月31日をもって、取り扱いを中止

人口5,200人、高齢化率33.5%。毎年人口が50人ほど減少しているそうです。オホーツク海から阿寒国立公園の藻琴山までを有する小清水町。藻琴山から屈斜路湖が見られるそうですよ。

2015年度は23万円をふるさと納税で集めました。寄付金の使途がわからないのが集まらない原因かな。

返礼品の内容は長野県小谷村よりコラボグッズの分お得だと思います。

小清水町は2016年9月からモンベルフレンドタウンになったそうです。地元小清水町がmont-bellフレンドタウンに! | 宮原明里オフィシャルブログ

30,000円以上の寄附でもらえる小清水町コラボグッズ+モンベルポイントバウチャー15,000pt

30,000円から始まり60,000円、80,000円とコラボグッズの内容が変わっていくようです。
【2018/2/3追記:現在はコラボグッズは品切れです。モンベルポイントバウチャーのみの取り扱い】
【2018/4/2追記:新年度になりコラボグッズが復活しました。今年はサーモボトルなどもありパワーアップ!】

【モンベル】【SOTO】長野県駒ケ根市はモンベルポイントバウチャーが返礼品

モンベルポイントバウチャーは2018年5月31日をもって、取り扱いを中止
長野県駒ケ根市に寄附をすると、「中央アルプスの登山道整備や山小屋の整備」に使われます。使途が明確で応援しやすいですね。

2013年7月に韓国人登山者が悪天候により遭難し、4名の方が亡くなるという遭難事故を教訓に登山環境の整備に力を入れているそうです。

【モンベルポイントバウチャー】大分県竹田市(終了しました)

2018年10月から期間限定で、「モンベルポイントバウチャー」が返礼品に加わりました。いまのところ、終了日はわかりません。

竹田市は平成27年11月よりモンベルフレンドタウンとして登録を開始し、観光事業を中心とした連携を進めてまいりました。
その深いつながりから、ふるさと納税のお礼品として出品しています。

2018/10/31で終了

まだモンベルポイントバウチャーが50%還元の自治体はなくなりました

小清水町、長野県駒ケ根市、和歌山県串本町、群馬県長野原町、長野県大町市、宮城県加美郡加美町と50%還元だった自治体は終了しました。

【ふるさと納税2018】還元率50% モンベル ポイントバウチャー 和歌山県串本町・北海道小清水町・長野県駒ケ根市・群馬県長野原町

2019/1/25追記


モンベルポイントバウチャーは返礼品からなくなりました。

2019年1月現在のお得な40〜50%還元の返礼品は、日本旅行のギフトカード・Orangeオンラインクーポンがあります。高還元率の返礼品はなくなる流れだと思います。日本旅行ギフトカードは有効期限がありませんので、ひとまず寄附をしておくのも手です。

新潟県燕市は家電がたくさん。寄附をすると幼稚園・保育園・小学校にエアコンを設置する費用に当てることができます。
新潟県燕市の返礼品はこちら
ゆるキャン△グッズもあるよ!


【2018/9/14追記】長野県小谷村のモンベルポイントバウチャー取り扱い中止(2018/12/31まで)
小谷村での取り扱いが中止になると、「モンベルポイントバウチャー」を返礼品でもらえる自治体はゼロになります。

【DOD】【ノルディスク】【パタゴニア】【ノースフェイス】和歌山県高野町は、アウトドアショップOrangeで使えるオンラインクーポン

2018年7月に登場した、「アウトドアショップOrangeで使えるオンラインクーポン」。

最低寄付額25,000円から。還元率は40%です。

「アウトドアショップOrange」のオンラインクーポンで買えるアウトドアブランドをご紹介。たくさんあるので有名どころだけです。寄附は、楽天ふるさと納税かふるなびを利用します。

取り扱いアウトドアブランド

and wander, アークテリクス, アライテント, ビッグアグネス, Blue Ridge Chair Works, CAPTAIN STAG, CHUMS, Columbia, DoD,EXPED, GREGORY,HILLEBERG, HAGLOFS, JETBOIL, MOUNTAIN EQUIPMENT, MOUNTAIN HARDWEAR, ナンガ, MONORAL, Nemo, nordisk, THE NORTH FACE, PaagoWORKS, patagonia, snow peak, Teton Bros

高野町への寄附は、「楽天ふるさと納税」か「ふるなび」を通して行ないます。

楽天だと、楽天ポイントアップの時にお得。

【ふるさと納税】パタゴニア・ヒルバーグが返礼品 和歌山県高野町」という記事にもまとめたのでよかったら参考にして下さいね。

【クリーンカンティーン】【ヤマノススメグッズ】埼玉県飯能市

「ヤマノススメ」は埼玉県飯能市を舞台としています。飯能市にある天覧山に登ったことから内向的な主人公が成長していくストーリーです。

聖地巡礼で訪れる方も増えているそうです。ゆるキャン△もそうですが、アニメの力はすごいですね。

飯能市の返礼品は、「ヤマノススメ グッズ」や「ムーミンとコラボしたアネロ」などです。総務省からはなにも言われていないようで、11月以降も継続しています。

10,000円の寄附でヤマノススメ×井村屋 えいようかん&タオルセット

15,000円の寄附でMOOMIN ワイドインスレートボトル 16オンス

クリーンカンティーンのサイズに関しては、「車中泊での水の保存・犬用の水持ち運びに | クリーンカンティーン」という記事に詳しく書いています。

飯能市の返礼品で人気NO.1です!収納袋にヤマノススメロゴがデザインされています。

25,000円の寄附でヤマノススメ「シェラカップ&ラーメンクッカー」

埼玉県飯能市の返礼品はこちら

飯能市とヤマノススメについて「【ふるさと納税】ヤマノススメグッズが返礼品 | 埼玉県飯能市」という記事を書きました。

冬キャンに!【アラジンブルーフレーム】兵庫県加西市

気球の街らしく、11月から5月まで市内では気球が見られるそうです。全国から多くの気球チームがやってくるみたい。

「秋晴れの空に気球」って素敵ですね。2017年はふるさと納税で6億円集めました。過疎地域ではありませんが、少しずつ人口が減っています。

冬にキャンプする方にもってこいの「アラジンブルーフレーム」が返礼品になっています。カラーは、グリーンとホワイトの二色。

150,000円の寄附でアラジン ブルーフレーム(グリーン)

150,000円の寄附でアラジン ブルーフレーム(ホワイト)

兵庫県加西市の返礼品はこちら

まとめ

アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介しました。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。確定申告が面倒になることもありますが、ワンストップ特例制度を使えば確定申告不要になるサービスもあります。

例えば、年収600万円くらいで約27000円もお得になる節税なんてなかなかないので、ぜひ挑戦してみて下さい!

以上、【2019】アウトドア系ふるさと納税まとめ スノーピークやノースフェイス、モンベル、テントなどキャンプ用品という記事でした。

関連記事

-ふるさと納税

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.