パタゴニア(patagonia) レビュー

すべてがちょうどいい R1プルオーバー/パタゴニア

更新日:

R1プルオーバー

パタゴニアのR1プルオーバー。2010年に購入し、いまも現役です。

なにもかもがちょうど良くてなかなか世代交代する気にならない素晴らしいアイテム。

薄手のフリース購入で悩んだ人がいたら、「まずはR1プルオーバーを買っておくといいよ」と自信を持って言えますね。

R1シリーズには、プルオーバー、ジャケット、フーディがあります。それぞれ汎用性も高く、どれを買っても問題はないと思います。我が家では、R1ジャケットが最も出番が多いです。次がプルオーバーですね。

年間200日くらい着ているパタゴニア(patagonia)/R1フルジップ・ジャケット

用途としては、トレラン、登山、キャンプ、車中泊、普段着です。

created by Rinker
patagonia(パタゴニア)
¥32,507 (2018/09/20 19:07:30時点 Amazon調べ-詳細)

R1プルオーバー 写真レビュー

R1プルオーバー

カラーはNavy Blue。定番カラーですね。アウターとしても使いたいと思い、ブルーにしました。

R1プルオーバー

プルオーバーのジップは着丈の半分くらいまでさがります。だいたいみぞおちくらいでしょうか。全開にせずとも、これくらい開けることが出来れば換気にはなりますね。

ハーネスをしているとこれ以上開けられないでしょうからちょうどいい塩梅です。

 

R1プルオーバー

胸の部分に唯一のポケット。裏地はメッシュになっています。開けたとしても換気になるかは微妙だと思います。スマホなどを入れた時に結露はしにくい印象です。

 

R1プルオーバー

口元はフラップがついています。ジッパーが肌に付かずに快適です。

 

R1プルオーバー

裏から光をあててみました。ポーラテック・パワー・グリッド。軽量かつ通気性を持たせる為にパタゴニア専用に開発したそうです。

ポリジン永続的防臭加工がされていて、本当に何日も着続けていてもにおいがないです。

R1プルオーバーとR1ジャケットの重量を比較

R1プルオーバー 重量

Mサイズで314gでした。同じMサイズのR1フルジップジャケットが396g(下の画像)。

R1フルジップジャケット重量

ジッパー部分でこれだけ重量に差が出るんですね。軽量さを求めるならばR1プルオーバーになります。

共に2010年に買ったので、現在のモデルとは異なります。

2017年モデルのR1重量比較

2017年モデルのR1プルオーバーは337g(参照:パタゴニア公式サイト メンズ・R1プルオーバー Navy Blue w/Navy Blue
2017年モデルのR1フルジップ・ジャケットは381g(参照:パタゴニア公式サイト メンズ・R1フルジップ・ジャケット クライミング Navy Blue)

R1プルオーバーの評判・口コミ

Backcountry.comのレビューからいくつかご紹介したいと思います。

Backcountry.comは、アメリカ大手のショップ。日本へ直送に対応。ブランドプロテクションにより日本へ直送できないブランド(パタゴニアやアークテリクスなど)は代行業者を利用して購入可能。

素晴らしく堅実なミッドレイヤーであり、普段着にも使えるフリース

スキーやスノーボードの時に開けるのが容易なジッパー。深くて換気によい

胸のポケットがジェルや電話を入れるのに便利

素材がとても柔らかく、フィット感も快適

表面は非常に耐久性が高く、内面は最小限のバルクで最大限の暖かさ

R1プルオーバーのサイズ感

R1プルオーバーはMサイズを購入しました。

私の身体サイズ:胸囲105cm、腹囲78cm、肩幅48cm、175cm/75kg ユニクロはLサイズ

アンダーにはキャプリーンシリーズを着ることが多いです。薄手のシャツの上にR1プルオーバーを着るとちょうどぴったり。

風が強い日は、R1プルオーバーの上にフーディニジャケットを羽織ります。フーディニジャケットもMサイズを着用。動きやすさなどに問題はありません。着丈はフーディニジャケットの方が長いので腰が冷えることはないですね。

R1フルジップジャケットよりはお腹の部分がタイトです。腕の長さも気になるほどではありません。

R1プルオーバーの価格

2010年に買ったのですが、海外輸入で9000円でした。

現在、パタゴニア公式サイトで購入すると17,280円。10年は着ることが出来ると考えると安いかな。

R1フルジップジャケット、R1フーディが21,600円。プルオーバーは少し安いようです。

パタゴニア公式サイト メンズ・R1プルオーバー クライミング Grecian Blue

R1プルオーバーのまとめ

R1フルジップジャケットほどの稼働率ではありませんが、10月くらいから3月にかけての秋冬のランニングやトレランでは必ず着用しています。

汗をかいても肌面はべとつかず、いつも快適です。暑すぎず、寒すぎず、ほんとに「ちょうど良い」としか言いようのないバランス。

一枚は持っていても後悔はしないアイテムだと思います。

以上、すべてがちょうどいい R1プルオーバー/パタゴニアという話題でした。

パタゴニア セール情報

パタゴニア 最終更新日:2018/8/23


パタゴニアのウェブ限定サマーセール開催【8月23日(木)~8月29日(水)】

パタゴニアオンラインショップはこちらへ

パタゴニア

パタゴニア 夏のセール レディースアイテムをまとめています。

【2018夏のセール】パタゴニア お買い得セールアイテムまとめ ウィメンズ編

災害時にあると便利なアイテムを集めました。とうぜん、車中泊にも使えます。

災害時にあると便利なもの

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

【2018/9/14追記】長野県小谷村のモンベルポイントバウチャー取り扱い中止(2018/12/31まで) 更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/9/17 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/9/18】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹、ガーミン。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」 ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-パタゴニア(patagonia), レビュー

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.