アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

パタゴニア アウトレット

【9/19にレトロXの在庫追加!】パタゴニアで2019年秋冬モデルが発売開始。売れ筋のサイズやカラーは売り切れてしまうのでお早めに。セールアイテムもけっこうありますよ!

パタゴニアオンラインショップはこちら

【2019年度版】大容量ポータブル電源 比較表とレビューまとめ

車中泊グッズ

ソーラーパネルとの組み合わせで災害対策 | Rockpals MT-CN300 ポータブル電源

更新日:

ソーラーパネルとの組み合わせで災害対策 | Rockpals MT-CN300 ポータブル電源
車中泊やキャンプはもちろん、災害対策に力を発揮しそうな「Rockpals MT-CN300」。バッテリー容量300wh前後で、価格も3万円前後のポータブル電源は激戦なのでどれを選んだらいいかわかりにくいですね。

MT-CN300は、MPPT機能(ソーラーパネルが発電する時に出力を最大化できる制御装置)を備えていること、超高輝度LEDを搭載していることがメリットです。特に災害対策として備蓄するのに適していると思いました。

Rockpals ポータブル電源 75000mAh/280Wh MT-CN300

「Rockpals MT-CN300」のスペック

アイテム名ポータブル電源 大容量 75000mAh/280Wh 300W
型番MT-CN300
メーカーロックパルス(Rockpals)
価格32,888円
容量(wh)280wh
サイズ横190×高さ140×奥行き150mm・約3.3kg
バッテリーリチウムイオンバッテリー
費用対容量(1Whあたり単価)117.4円
電気の波形(正弦波・矩形波・疑似正弦波)正弦波
出力(AC出力・DC出力・USB)AC:1口
DC/シガーソケット:1口
USB:4口

「Rockpals MT-CN300」の特徴


目を引くのは、出力可能な電力についてです。定格電力は300Wとなっています。しかも出力波形は純正弦波なので、一般的なポータブル電源では動かすことのできないような製品も、この「MT-CN300」なら使用することが可能です。

また、「Rockpals MT-CN300」はバッテリーの容量についても優れています。280Whという大容量のバッテリーを搭載しており、メーカーによると、スマホがおよそ28回、ノートパソコンも5回程度フルに充電することが可能。また、50Wのミニ冷蔵庫も5時間使用することができるうえ、ノートパソコンも連続で6時間ほど使うことができます。

出力方法が充実


出力・充電方式の多様さについても注目すべきポイントです。まず出力については、AC電源をはじめ、DC電源やシガーソケット、USBへの出力にも対応しています。USBは4口あり、そのうち2口はクイックチャージ3.0です。

Quick Charge(クイックチャージ)とは

充電方法も充実しています。家庭のコンセントからはもちろんのこと、12Vのカーチャージャーやソーラーパネルからも充電が可能となっています。また、公式サイトには記載がありませんが、アマゾンレビューを読むとパススルー充電に対応しているようです。「ACで充電しながらAC、DC、USBの同時使用が可能であることも確認できました」とのこと。

ソーラーパネル対応

特に注目すべきはソーラーパネルに完全対応している点でしょう。近年増加している災害への備えとして購入することの多いポータブル電源だけに、電気がストップしている状況でも充電ができるソーラーパネルに対する需要も高まっています。

天候によって充電状況に差が出るというデメリットもありますが、電気代の節約や移動中の充電も可能となります。

特に、RockpalsのソーラーパネルについてはMPPT機能を搭載しているため、より効率良く発電を行うことができ、充電時間の短縮につながっています。MPPTとは、ソーラーパネルが発電する時に出力を最大化できる制御装置のことです。つまり、設置場所や天候が変化しても発電効率を最大化しようとする機能。


充電に必要な時間は、ACアダプターやカーチャージャーでは6~7時間、ソーラーパネルでは14~16時間となっています。災害時は、昼間の間にソーラーパネルで充電して夜間にポータブル電源として使っていくといいかもしれませんね。

安全性

「MT-CN300」は安全性にも考慮しています。バッテリーは寿命やエネルギー効率に優れたものを搭載しているほか、バッテリーマネジメントシステムの採用によって過放電・過充電、ショートのリスクを軽減しているなど、高い安全性を実現しています。

Rockpalsの会社概要に不安?

このように、使い勝手に優れた「Rockpals MT-CN300」ではありますが、いざ購入するとなると不安を感じる方も少なくないと思います。というのも、本製品の販売元である「Rockpals」という企業はそれほど知名度が高くないから。

実際、「Rockpals」についてはそれほど多くの情報は確認できません。英語のホームページはあるものの、企業の概要や沿革も公開されていないようですから、その信頼性について疑問視する方が多いのも致し方ないでしょう。

確認できる範囲だと、楽天に出品しているRockpalsに会社概要ページがあります。「パーフェクトレード株式会社」が正式名称で「Rockpals」はブランド名のようです。

Rockpals 会社概要

ただし、「MT-CN300」については購入者からの評価は高いです。Amazonのレビューを確認すると、故障や初期不良などの報告もほとんどなく、大多数のユーザーが満足している様子。

Rockpalsのデメリット4点

  • リチウムイオンバッテリーの安全性
  • シガーソケットの出力強度
  • 低出力時に電源がカットされる
  • 使用時にファンの音がする

リチウムイオンバッテリーの安全性

まず指摘されているのはリチウムイオンバッテリーを使用しているという点です。現在流通している多くのポータブル電源にも採用されているリチウムイオンバッテリーですが、最近では発火事故の報告も増えてきており、安全性を疑問視する方が多くなっています。

しかし、リチウムイオンバッテリーを使ってないのを選ぶのが難しい。起きたときに迅速に対応しそうなメーカーを選ぶしか対策がないのが現状です。どうしてもリチウムイオン電池を選びたくない場合は「エナーボックス LACITA」がおすすめです。リチウムイオンバッテリーではなく三元系リチウムポリマーを使ったポータブル電源。

【車中泊】安全性・高出力・日本人によるカスタマーサービス | エナーボックス LACITA

シガーソケットの出力強度

さらに、シガーソケットの出力についても不満を感じる声が寄せられています。300Wという大出力が持ち味の「MT-CN300」ではありますが、シガーソケットについては出力が12V/8Aとなっていることに不満を感じるユーザーは少なくありません。たとえば、車載用炊飯器として人気の高い「タケルくん」は使えるが時間がかかります。12V/10Aだとより良かったですね。しかし、このサイズ感でタケルくんが使えること自体、素晴らしいとおもいます。

Rockpals MT-CN300の競合アイテム3つ

バッテリー容量300wh前後で、価格も3万円前後というのはポータブル電源の主戦場になっています。はじめてポータブル電源を買ってみようという方にちょうどいいサイズ感なんですよね。では、「Rockpals MT-CN300」を購入する際に迷ってしまう対抗商品と比較してみます。

  • SmartTap PowerArQ mini
  • Anker PowerHouse 200
  • VETOMILE 250Wh 67500mAh
アイテム名Rockpals MT-CN300PowerHouse 200PowerArQ miniVETOMILE 250Wh
メーカーRockpalsAnkerSmartTapVETOMILE
価格32,88839,80032,40025,799
容量280Wh213Wh311Wh250Wh
重量3.3kg2.7kg3.5kg2.9kg
出力300W100W200W250W
費用対容量
(1Whあたり単価)
117.4円186.8円104.1円103.1円
アマゾンレビュー数
(2019/4/30現在)
3074618

ポータブルバッテリーおすすめ4種の比較記事を書きました

「もっと大容量のポータブル電源がいいな」と思われた方向けに、アマゾンのレビューなどでも評価が高く、カスタマーサービスも優れていて人気のある400Wh以上のポータブル電源「スマートタップ パワーアーク」「アンカー パワーハウス」「LACITA エナーボックス」「Suaoki G500」を比較しました。

費用対容量(1Whあたり単価)は容量に関わらず95円〜110円あたりです。予算に余裕があれば大容量のポータブル電源を選んでおくのもいいと思います。

各ポータブル電源を一言で表すと...

  • スマートタップ パワーアーク...とにかく大容量
  • アンカー パワーハウス...安全性とカスタマーサービスNo.1
  • LACITA エナーボックス...三元系リチウムポリマー電池を使用
  • Suaoki G500...最も高い出力の600W(瞬間最大)

ポータブルバッテリー選びに迷っている方はよかったら参考にして下さい。

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊に電源が欲しい!2019年おすすめはAnker?

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電!
【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊に電源が欲しい!2019年おすすめはAnker?

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

いまでこそ600whといった大容量ポータブル電源が出ていますが、この「Rockpals MT-CN300」も二泊くらいのキャンプや車中泊なら十分な容量です。ソーラーパネルとの組み合わせが良いことを考えるとかなりコンパクトなオフグリッドシステムが構築できます。300whクラスでは出力が高いので最初のポータブル電源に向いていると思いますよ。

以上、ソーラーパネルとの組み合わせで災害対策 | Rockpals MT-CN300 ポータブル電源という話題でした。

Rockpals ポータブル電源 75000mAh/280Wh MT-CN300

最近の投稿

カテゴリー

2019年8月によく読まれている記事

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電! 1

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 2

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電(スマホやipadなど)のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出 ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 3

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 4

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 5

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 6

最終更新日:2019/8/20 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/9/3】 売り切れる前にチェック! てんとくん 8/23にセールアイテムが大量に追加されました。いまならR1・R2フリースやTシャツ、バギ ...

おすすめウィンドシェルまとめ 8

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人それぞ ...

-車中泊グッズ

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.