スノーピーク(snowpeak) セール情報

スノーピーク(snow peak) ウールフリースジャケット

更新日:

スノーピークアパレルは、「Home⇌Tent」をコンセプトに「都市と自然の境界をなくす服」「都市生活でも自然の中でも心地良く過ごすことができる服」を提案。
そんなこと言ったって買えない値段じゃないの、なんて思ってたり。
定価ではなかなか手が出ない。もうL.L.Beanでいいかな、って感じです。
社長さんの著書を読むと、アメニティドームでスノーピークに触れさせて、あとは泥沼に引きずり込む作戦みたいですね。

amazonで昨秋のヒット商品、ウールフリースジャケット(26,827円)が半額の13,635円(売り切れ)。
たき火のときとか冬キャンには良さそうですね。
ゴアのジャケットとかに穴開くのも嫌だけど、気にいっていない服でキャンプも嫌だし。
経年変化が楽しめる服っていいですよね。

パタゴニアがinstagramでやっているwornwearというアカウント(→)。
このアカウントは「着ることについてのストーリー」ということで、何十年も着ているパタゴニアについての物語を購入者が語るというものです。
長く着ることのできる服というのは、服を超えた存在になるのだなぁ、と。

個人的には、L.L.Beanのトートやクレッターワークス、マウンテンリサーチなどの頑丈な感じが好きなので少しずつ買いそろえたいところです。

役割はキャンプ事業とアーバンアウトドア事業をつなぐブリッジ。一番初めに火がついたのは、スティーブンアランなどアメリカのセレクトショップです。セレクトショップではこれまでもアウトドアアパレルを取り扱っていますが、「テントとホームを行き来する」ことをコンセプトとする服はありませんでした。登山用でもなければ、カヌー用でもない、いってみればスノーピークの土俵でアパレルもデザインしています。作りの良さも差別化につながり、ほとんどが国産の素材を使い、縫製も60%が国内です。(中略)
 昨秋冬の売れ筋の一つがウールフリースのジャケット。フリースというとポリエステル製が一般的ですが、たき火で火の粉が飛んでくると生地が溶けてしまいますので、スノーピークではウールを採用しました。結果的に街着としても使える高品質なアパレルになったと思いますね。
参考:スノーピークの強さと新たな成長戦略(繊研)

スノーピークアパレル セールコーナー

アドセンス336px




アドセンス336px




PR



\ シェアしてください /

よく読まれている記事

1

賛否両論ありますふるさと納税。 私の故郷である世田谷区では30億円の税収減(3.3%減)だそうです。 ...

2

準備中の記事です 早いもので、もう11月。ふるさと納税の締め切り、福袋の予約、歳末セールの開始、とア ...

3

今日は11月1日。今年度のふるさと納税もあと二ヶ月。2017年度分は2017年12月31日までです。 ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 4

アウトドア関連のふるさと納税で人気ランキングNo.1!モンベルのポイントバウチャー。 バウチャーポイ ...

カバートオーバーナイトミッション 5

5年かけてやっと探し当てたビジネスバッグ! ビジネスマンのみなさん、ビジネスブリーフケース探しでお悩 ...

-スノーピーク(snowpeak), セール情報

Copyright© とんがりてんと , 2017 All Rights Reserved.