レビュー 車中泊

車中泊にも災害対策にも SOTO(ソト)のバーナー、STー310

更新日:

ソトのバーナー ST-310

車中泊での旅行中、暖かいコーヒーやラーメンを食べたくなりますよね。毎回、外食をするわけにもいきませんし、意外と郊外だと閉店時間が早い。

車中泊での湯沸かしや調理に「SOTO ST-310」を使っています。ジェットボイルやアルコールストーブ、スベア123Rなど、さまざまなストーブ・バーナーを使ってきましたが、ST-310に落ち着きました。

主に車中泊に使い、できれば登山やハイキング、キャンプにも使い回せるバーナーを選びました。同じような用途の方にはとてもおすすめのストーブ・バーナーです。

ST-310の使い方・一分間動画

とにかく使いやすいです。ケースから出して点火まで30秒もあれば十分。

CB缶(カセットガスボンベ缶)が使えるのが最大のメリット。

単純な機構、とにかく頑丈なので故障がない。

デメリット STー310は持ち歩くには重い

デメリットには、サイズ的なものと使い勝手的なものの二種類あります。一般的にデメリットと言われているものを口コミなどから取り上げてみました。

5つのデメリット

山登りやハイキングにはちょっと重い。重量は431g。

コンパクトではないこと。

低温に弱いと思われている。

点火スイッチが押しにくい。

五徳が滑りやすい。

デメリットを上回るメリット

「重さ」というデメリットの反面、頑丈で安定感があるというメリットでもあります。

本体が重いので、五徳に重さのあるものを置いても安心です。

日本メーカーなので安全・安心。

 

火力がとても強いのも魅力です。火力の調節もつまみで細かく行なうことが出来ます。

最大のメリットはCB缶が使えること。

CB缶(カセットガスボンベ缶)は、コンビニでもスーパーでも簡単に安価に手に入れることができます。車中泊の旅では「燃料を手に入れやすい」というのは大きなメリットだと思います。

メリットの根拠・商品選択のポイント

 

商品選択 4つのポイント

燃料を手に入れやすい

経済的であること

頑丈であること

車内で使うのに安全であること

 

CB缶を使うバーナーの競合商品・・・イワタニ、一般的なガスコンロ

車中泊によく使われるバーナーの競合商品・・・ジェットボイル

他の燃料を使うバーナーの競合商品・・・アルコールやホワイトガソリン

SOTO ST-310の画像レビュー

質感がわかるように写真を撮ってみました。折りたたみの機構がわかりやすく伝えるのが難しいですね。

 

SOTOのストーブ

折り畳んだ状態。作りもしっかりしていて所有欲が満たされます。ひとつひとつのパーツががっちりしているので、重さが出てしまう反面、丈夫さ・安定感を得ています。

 

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

イグナイター(点火ボタン)は、アマゾンのレビューに「押しにくい」とデメリットにあげている方が多数いました。

最初はまだいいのですが、一度消火して、五徳の熱が下がる前にもう一度点火する時にやけどしそうです。足の部分が猛烈に熱いんですよね。

そんな時は点火用アシストレバーを取り付ければ悩み解消。500円くらいで買うことが出来ます。最初から付いていてもいいアイテムだと思います。

また、点火ボタンを使わずにライターで点火することも出来ますよ。

SOTOのストーブ

SOTOのストーブ

 

SOTOでスキレット

 

使うことによってどんな車中泊生活に変わったか

いつでも思いついたら暖かい飲み物が飲める。災害の時に安心。CB缶はどこでも手に入るので安心。

SOTOのアイテムをお得に手に入れる方法

モンベルショップ

おすすめの手に入れ方はふるさと納税を使うこと!SOTOの商品はモンベルショップでも購入できます。

アウトドア・キャンプ用品をもらおう! ふるさと納税とは

ふるさと納税寄付額の50%をモンベルポイントで還元してくれる市町村があります。そこで得たポイントを使って、モンベルショップで購入すると、節税もできてとてもお得。

長野県大町市モンベルバウチャーポイント
【ふるさと納税2018】還元率50% モンベル ポイントバウチャー 和歌山県串本町・群馬県長野原町・長野県駒ケ根市・小清水町

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

モンベルショップでSOTOを買う

モンベルショップでジェットボイルを買う

ジェットボイルもモンベルが代理店なのでモンベルポイントバウチャーで買えますよ。

 

アマゾン限定のブラックバージョンもかっこいいです。

 

まとめ

ゆるキャン△4巻で鳥羽先生が使っているST-310のご紹介でした。女性でも簡単に使えて安全なストーブ。

車中泊で使うならおすすめナンバーワンのストーブ・バーナーです。デメリットはありますが、ちょっとした工夫でデメリットと感じなくなる程度のもの。

登山や旅の間に「故障する可能性がとても低く」「燃料が手に入れやすく」「火力が強い」とシングルバーナーでは最強なのではないでしょうか。

もう3年ほど使っていますが、当分このST-310で旅を続けたいと思います。

以上、車中泊にも災害対策にも SOTO(ソト)のバーナー、STー310という話題でした。

ふるさと納税お得情報

ふるさと納税をご存知ですか?
納税して返礼品がもらえるお得な制度です。いずれにしても納税はするので、どうせなら欲しいものをもらったほうがいいですよね。
例えば、ふるさと納税でモンベルポイントバウチャー(商品券)がもらえます。

長野県小谷村のモンベル ポイントバウチャー

お得な50%還元の返礼品としては、日本旅行のギフトカード・HISのギフトカードがあります。納税額の約半分が帰ってくるというびっくりな返礼品

日本旅行のギフトカード(50%還元)

HISギフトカード(50%還元)

ジェフグルメカード(40%還元)

サーティワンアイスクリーム商品券(40%還元)

岐阜県七宗町は、「コールマン」「マキタコードレスクリーナー」「ブラーバ」などが還元率30%以上で選べてお得な自治体。

七宗町のふるさと納税返礼品を見てみる

ふるさと納税の制度について詳しく知りたい方は、「簡単!ふるさと納税でアウトドアグッズをもらおう」を読んでみて下さいね。

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/8/3 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 良 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/8/11】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」って思った ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-レビュー, 車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.