車中泊

【車中泊】ジャンプスターター付き suaoki 改良版 ポータブル電源 120000mAh/400Wh

投稿日:

ポータブルバッテリーを購入するなら、なるべく大容量のものを選びたいと考える方は多いでしょう。大容量のバッテリーであるほど、電気製品を長時間にわたって使うことができるからです。

しかし、容量の大きいバッテリーは高額となる傾向があります。

例えば、ポータブルバッテリーのなかには600Whを超える容量の製品も販売されていますが、その値段も6万円程です。また、こうした製品は、キャンプや車中泊を行う機会の多い方なら元が取れるとも言えますが、そうでない方の手には余る性能であり、購入しても宝の持ち腐れとなってしまう可能性も高いでしょう。

よって、一般的なユーザーなら300~400Wh程度の容量を持つバッテリーでも問題はありません。この容量でも多くの電気製品を長時間動かすことができますから、不自由さを感じることはほとんどないはずです。そしてなにより、価格も3~4万円程度と、比較的求めやすい値段のものが多いのも強みです。

これらの条件にマッチするのが、「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」という製品です。

商品名にもあるように大容量のバッテリーであることや充電・出力方法の多様さといった性能の高さに加え、お値段も4万円程度という強みもあります。その一方で、購入するにあたって知っておくべき点や問題点などもいくつかあり、注意も必要です。

そこで、この製品のメリットとデメリット、使用可能な製品などについて、紹介していきます。

created by Rinker
Suaoki
¥39,800 (2018/09/21 03:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

デメリット

まずはデメリットを見ていきましょう。

バッテリーの容量をはじめ、一般的な使用を行う上では申し分のない性能といえる「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」ですが、実は欠点や問題点と言える部分もいくつかあります。

まず、ACアダプターが高温となりやすい点が挙げられます。実際、購入した方から同様の報告がいくつか寄せられており、不安や不満のひとつとなっています。

販売しているSuaokiの説明によると、このアダプターが50℃程の温度となるのは仕様であり、心配ないとのことです。

そして、70℃近くまで上昇したとしても、安全の範囲内であるともしています。しかし、温度が70℃ともなれば火傷を負う可能性も高くなりますから、ACアダプター使用時はなるべく触らないようにするなど、取り扱いには注意しなくてはなりません。

また、本体が逆さまの状態で届くという報告も散見されます。通常は輸送中の故障を防ぐため、どちらを上向きにすべきか判別できるような印を箱に記載するなど、逆さまの状態で輸送されないように配慮して出荷されます。しかしこの製品の場合、こうした配慮が行われずに出荷されるケースもあるようです。

逆さまで納品されたからといって、必ずしも故障するというわけではありませんが、その危険性がある以上、やはり気を付けてもらいたいと消費者が考えるのは当然のことです。

万が一、この状態で自宅に届いた場合は、まずは不具合等ないかを確認し、もし問題があるのならすぐにメーカーに連絡しましょう。

不具合の報告もあります。多いのは初期不良の報告ですが、始めは問題なく動作したにもかかわらず、使って間もないうちに壊れてしまったといったケースもあるようです。これらの場合も、早急にメーカーへ連絡し、交換などの対応を待ちましょう。

このほか、本体の重さを気にする声も見受けられます。この製品の重量は5.6kgあり、人によっては重く感じることもあるようです。重いと感じる場合、持ち運びにも苦労することになるので、力に自信のない方は注意が必要です。

メリット

続いてメリットを見ていきましょう。

上記のようなデメリットだけを見ると、購入に不安を覚える方も多いかもしれませんが、「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」は多くの方々に購入されている製品であり、ユーザーの満足度も高いのが特徴です。

では、この製品にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

最初に注目すべきは、バッテリーの容量です。

「suaoki 改良版 ポータブル電源」には400Whの容量があります。これはポータブルバッテリー業界のなかでも大容量の部類に入るものです。そのため、他の多くの製品よりも長い時間電気製品を使うことができ、ちょっとした外出から、キャンプ、旅行に至るまで、多様な使い道に対応しています。

価格容量1Whあたり単価レビュー
Anker PowerHouse49,800円434Wh114.7円ブログ記事を見る
SmartTap PowerArQ64,800円624Wh103.8円ブログ記事を見る
suaoki ポータブル電源39,800円400Wh99.5円ブログ記事を見る
iMuto M10+ACインバーター33,560円372Wh90.2円ブログ記事を見る

※iMutoはACインバーターが別売りなので「バッテリー+ACインバーター」の価格になっています。

スマホの方は横にスクロールすると表がすべて見ることができます。

【大容量ポータブル電源4種比較】 もっと詳しく

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電!

充電方法もさまざまです。自宅のコンセントからの充電はもちろんですが、ソーラーチャージャーや自動車のシガーソケットからも充電が可能です。これにより、外出先でもバッテリーの充電ができるようになり、使用できる時間をさらに増やすことが可能となります。

出力も多様な形式に対応しています。AC電源やDC電源、USBといった基本的な形式のほか、自動車のシガーソケットにも出力可能です。さらに、AC出力は正弦波を使用しているため、他の波形では使用できない家電製品も「suaoki 改良版 ポータブル電源」なら稼働させることができます。

ジャンプスターターに対応していることも大きな強みです。この製品にはジャンプスタータークランプが付属品として同梱されているため、スターターに電力を供給し、自動車のバッテリー上がりに対処することができるようになります。ジャンプスタート端子に対応していない製品が多いなか、これを使用できるという点は大きなメリットと言えるでしょう。

ジャンプスターターは、自力でバッテリーを回復させることのできる便利なアイテムですが、使用するためには前もって充電しておく必要があります。しかし「suaoki 改良版 ポータブル電源」なら、充電していない状態でもジャンプスターターを使うことができるようになりますから、万が一の場合でも安心です。

以上のように、「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」は多くの強みを持った魅力的な製品です。

問題点や使用上の注意点も確かにありますが、全体的には高性能・高品質と言える製品であることは間違いありませんから、ポータブルバッテリーを初めて購入するという方にもおすすめです。

created by Rinker
Suaoki
¥39,800 (2018/09/21 03:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

よくある質問

次に、「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」に寄せられることの多い質問とその答えを見ていきましょう。

これにより、使用するうえで注意すべき点を知ることができるほか、この製品の詳しい仕様なども知ることができます。上記のメリット・デメリット共に重要な判断材料となるので、しっかりとチェックしておきましょう。

使用できる温度の範囲は?

てんとちゃん
放電時が-10~60℃、充電時は0~45℃だよ。氷点下を下回る環境でも使うことができるから、キャンプなどのアウトドアでも安心だね。

AC出力とDC出力は同時に使うことができるの?

てんとちゃん
できるよ。それに、ACとDCを同時に使っての充電もできるようだね。ただしメーカーによると、ソーラーチャージャーとACアダプターを同時に使用しての充電はできないとのことだよ。故障や事故の原因ともなりかねないから、くれぐれも気を付けよう。

ソーラーチャージャーの発電量は?

てんとちゃん
120Wが上限のようだね。ただ、このペースでの充電だと本体の温度も上がりやすくなるようだから注意が必要だよ。それと、このポータブルバッテリーを販売しているSuaokiはソーラーチャージャーも販売しているんだ。どの製品を購入するべきか分からないという人は、こちらを選んでおくと無難だね。

ソーラーで充電しながらのAC出力はできる?

てんとちゃん
できるよ。けど、充電中に出力させるとバッテリーに大きな負荷がかかり、劣化を早めることにもなるから注意が必要なんだ。

ジャンプスターター機能が使える自動車は何Lまで?

てんとちゃん
4Lまでだよ。

体験談

最後は、稼働できる製品についてです。

具体的な使い道が既に定まっている方にとっては、その製品を使うことができるか否かを事前に知っておくことが特に重要となります。

一方、使い道がまだ決まっていないという方にとっても、このポータブルバッテリーで使用できる製品をあらかじめ把握しておくことは大切です。考えてもみなかったような使い道も新たに発見することができるかもしれません。

そこで、Amazonのレビュー・質問欄から、「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」で使用できた製品とその稼働時間などを確認していきます。

まず、電気毛布が使用可能です。Amazonのレビュー欄に、電気毛布を使用できたという投稿がいくつかあります。

さらに、2枚同時の使用もできるようです。ナカギシの販売する電気毛布NA-023Sを2枚同時に使用したという方のレビューによれば、バッテリーをフル充電した状態で6~7時間ほど使うことができたとのことです。ただし、これは弱の設定で使用した場合であり、中設定だと電力の消費が激しく、すぐにバッテリーの残量が切れてしまったようです。

冷蔵庫も使用できます。しかも、パナソニックのNR-E430Vを使用した方の報告によると、フルに充電した状態から6時間使ってみたものの、バッテリー残量を示すメモリは全く減らなかったとのことです。つまり、実際にはさらに長時間使用できる計算となりますから、食品管理が難しくなる災害時でも安心です。また、エンゲルの冷蔵庫も使うことができたという報告があります。

炊飯器の使用も問題ありません。JPNの直流炊飯器、「タケルくん」が使用可能であることが確認されています。

コイズミの小型炊飯器であるKSC-1511も使用できます。そのうえ、この炊飯器で一合のお米を炊いたという方のレビューには、使用後もバッテリー残量のメモリはほとんど減っていなかったと書かれており、数日間は使用できると考えられます。

サーキュレーターも使用できたようです。80Wのサーキュレーターを使ったとの報告があり、それによると5時間程度は稼働できそうとのことです。そして日立の扇風機(43W)についても使用できたというレビューがあります。風量を4段階のうちの2にし、首振り機能もONにして使ったところ、8時間使用してもバッテリーは40%程度残ったとしています。

Amazonのレビュー・質問で確認できたものは以上ですが、このほかにもさまざまな電気製品を動かすことができます。メーカーによれば、ノートパソコンやスマートフォンの充電はもちろん、シガーソケットに出力することで、自動車のエアコンや車載冷蔵庫も動かすことができるようです。

このほか、多くの家電も稼働させることができますが、その際注意すべきなのが消費電力です。「suaoki 改良版 ポータブル電源 大容量120000mAh/400Wh」で使用可能な家電は消費電力が最大で300Wのものですから、これを超える電力が必要となるような製品は使用できません。動作報告のない製品を動かしたい場合、まずはその製品の消費電力を調べることをおすすめします。

created by Rinker
Suaoki
¥39,800 (2018/09/21 03:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

以上、【車中泊】ジャンプスターター付き suaoki 改良版 ポータブル電源 120000mAh/400Whという話題でした。

Anker PowerHouse
【車中泊】Anker PowerHouseを購入する時に悩んだ点をレビューに

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ポータブル電源やソーラーパネル、カーインバーターのまとめ


ポータブル電源やソーラーパネル、カーインバーターのまとめ記事「ポータブル電源・ソーラーパネルまとめ | 災害・車中泊・キャンプに必須ですよ!」を作成しました。ぱっと一目で必要なレビュー記事を探せますのでご覧ください。
ポータブル電源・ソーラーパネルまとめ | 災害・車中泊・キャンプに必須

このページは、ポータブル電源やソーラーパネル、カーインバーターのまとめです。 車中泊やキャンプに役立つグッズのレビュー記事を書いてきました。結果的に災害対策にも役に立つアイテム集になってきたのでわかり ...

災害時にあると便利なアイテムを集めました。とうぜん、車中泊にも使えます。

災害時にあると便利なもの

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

【2018/9/14追記】長野県小谷村のモンベルポイントバウチャー取り扱い中止(2018/12/31まで) 更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/9/17 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/9/18】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹、ガーミン。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」 ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-車中泊

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.