テントの加水分解を研究

残念!テントが加水分解 修復方法・予防方法・加水分解しないテント探し

更新日:

加水分解しないテントを探す

お盆休みに戸隠でキャンプをしようと計画をしています。

そこでテントをチェックしていたら、フライシートに加水分解の兆候が。かなりショック。

ほのかな臭いと手にベタベタする感じ。

購入してから6年くらい経っています。素材的に寿命なのかな。

20年くらい使っているDANA DESIGNのザックも7年くらいで加水分解しましたね。お風呂場で重曹に浸けてコーティングを剥がしました。ザックの中に防水のパックライナーを入れてコーティングのかわりに。

しかし、テントのフライシートの場合はそうもいきませんね。大きなタープでテントを覆ってしまえば同じことかな。

加水分解を修復する方法を調べてみると、みなさん加水分解対策してますね。シリコンスプレーしたり、クリーニングに出したり。

しかし、いろんな疑問がわいてきます。

なんで加水分解する素材やコーティング剤を使うんでしょうか?

加水分解しないテントやタープを作っているブランドはないのか?

どんな素材なら加水分解しないのか?

加水分解したテントは復活するのか?

復活するならどんな修理方法があるのか?

収納方法で加水分解を防止・予防することはできるのか?

とにかく、10万円近いお金を出して、5年くらいしか保たないというのはがっかり。

安いテントをまめに買い替えていくほうがいいのかな。

ちょっとずつ調べていき、大切なテントを復活させたいです。

調べたことを追記していきます。

 

テントの加水分解とは何が起こっているのか

加水分解しているフライシート

加水分解しているフライシート

テントの加水分解がなぜ起きるのか、なにが起こっているのか、を調べてみました。ついでに石井スポーツに行ったので店員さんにも話を聞きました。

テントの加水分解を簡単に言うと、「テントに防水性を持たせるためのポリウレタンコーティングが劣化していく現象」です。

ポリウレタンコーティングの劣化自体は、湿気や水、特に水道水に触れることに起こります。ポリウレタンは塩素に弱いので、キャンプ後に水道水で洗う行為は良くないようです。

また、一度始まった加水分解は進行を止めることが出来ません。

ポリウレタンコーティングで防水性・撥水性を持たせているテントは、どんなに管理をしっかりしてもいつかは加水分解が起きてしまう。

テントの加水分解を少しでも遅らせる方法

テントの防水性・撥水性を高めるために使われるポリウレタンコーティングは、水・湿気に弱い。

ポリウレタンというのは、ニ種類の化学物質を結合させ反応させることで生まれた化合物の総称。製造時に結合させた部分が、湿気・熱・紫外線などの影響を受け時間と共に少しずつ分解されていく弱点を持っている。

キャンプで使い終わったら、すみやかに乾燥させる

乾燥後は、冷暗所に乾燥剤をセットして保管

なるべく、高温にならないところに保管

加水分解自体は経年劣化ではない。加水分解さえさせなければ、材質がへたるまで(経年劣化)するまでテントは使用可能。しかし、加水分解させない、というのが不可能なんですけどね。

つまり、「何年経ったから加水分解し始める」というのはなんとも言えませんね。保管方法により1年でも加水分解する。実際のところは、製造時から加水分解は始まっているんですね。

この素材のテントを選ぶと加水分解という宿命から逃れられない、と。

加水分解したテントは復活するのか?

DANA DESIGNのザックが加水分解したときは重曹でポリウレタンコーティングをはがして、べたつきを除去しました。ザックの場合は、防水性がなくても大丈夫、または防水性のパックライナーを使えば大丈夫。

テントの場合はそうはいきませんね。ポリウレタンコーティングがない状態では、ただの布なので雨が降ったらひとたまりもありません。

検索すると、「重曹でべたつきを落として、ポロンTという薬剤を塗る」という方法をとっている方が多数いました。

created by Rinker
美術出版サービスセンター
¥1,836 (2018/08/17 02:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

重曹に浸けると、素材がとても傷みます。加水分解して酸性化したテントを、アルカリ性である重曹で加水分解を促進させてコーティングを除去。素材に良いとは思えませんね。

重曹でポリウレタンコーティングを落として、ただのビニールになったところに撥水性シリコーン被膜を塗って、防水性が得られるのか。

わたしは、この方法に懐疑的です。一時的に撥水性が戻ったとしても継続的に効果が得られるとは思えません。

今のところの結論は、「自分では加水分解したテントを修復できない」、です。

つぎは、業者さんで加水分解を修復できるところ探してみます。

加水分解しないテントやタープを作っているブランドはないのか?



こうなると、加水分解しない素材を使ったテントを探したほうが気持ちが楽ですね。

キャンプから帰ってきて、すぐに乾燥させたりとかできないので。仕事もあるし、疲れてますしね。

どんなブランドが加水分解しない素材でテントを製造しているのでしょうか?加水分解しないテントを作ってそうなメーカーをピックアップして調べてみます。

選定の基準は、日本のアウトドアブランドとコットン幕を使っているブランド、北欧ブランド、加水分解しないと有名なブランドです。

日本のアウトドアブランドは、高温多湿、雨量が多いという日本の気候の特性を熟知しているので対策を練っているのではないかと考えました。

コットン幕を使っているブランドに関しては、コットン幕を使っていれば加水分解しないので選びました。その分、カビが生えやすいというデメリットがあります。

アメリカのアウトドアブランドは、シリコンコーティングのテントが禁止(火災が起きやすいため)なので、ポリウレタンコーティングになってしまうので選びません。

北欧は雪に強いテントのイメージがあるので選んでみました。

加水分解しないテントを作ってそうなメーカー

ヒルバーグ

アライテント

ノルディスク

エクスペド

モンベル

ファイントラック

まずは、ヒルバーグから。「加水分解といえばMSR」、の反対に「加水分解しないといえばヒルバーグ」。

フライシートの防水性も申し分ない。素材はケルロンという特殊加工を施した化学繊維で、他の多くのテントとは異なり、ポリウレタンによる防水コーティングを省いても耐水性が非常に高い。そのために少々高価にはなるが、加水分解によるコーティングの経年劣化が生じず、数十年も連続して使えるという。
参考高橋庄太郎の山MONO語り

「つぎのテントは絶対に加水分解しないテントにしよう!」と思い、狙っているのがヒルバーグです。

加水分解しないテントを探して、ヒルバーグにたどりつく

まとめ

基本的に、ポリウレタンコーティング、シリコンコーティングされたものは加水分解する。

そうなると、素材自体が高い防水性を持っていてコーティングしなくても荒天に耐えうるものを選ぶことになる。

コットン、キューベンファイバー、ポリコットン、ケルロン、といった素材で作られたテントを探せば、加水分解に悩まされませんね。

この記事は執筆途中です。調べながらなので少しずつ書き足します

ふるさと納税お得情報

ふるさと納税をご存知ですか?
納税して返礼品がもらえるお得な制度です。いずれにしても納税はするので、どうせなら欲しいものをもらったほうがいいですよね。
例えば、ふるさと納税でモンベルポイントバウチャー(商品券)がもらえます。

長野県小谷村のモンベル ポイントバウチャー

お得な50%還元の返礼品としては、日本旅行のギフトカード・HISのギフトカードがあります。納税額の約半分が帰ってくるというびっくりな返礼品

日本旅行のギフトカード(50%還元)

HISギフトカード(50%還元)

ジェフグルメカード(40%還元)

サーティワンアイスクリーム商品券(40%還元)

岐阜県七宗町は、「コールマン」「マキタコードレスクリーナー」「ブラーバ」などが還元率30%以上で選べてお得な自治体。

七宗町のふるさと納税返礼品を見てみる

ふるさと納税の制度について詳しく知りたい方は、「簡単!ふるさと納税でアウトドアグッズをもらおう」を読んでみて下さいね。

よく読まれている記事

ふるさと納税でパタゴニア 1

モンベルポイントバウチャー50%還元がなくなった今、アウトドアグッズを返礼品にもらうなら一番お得な自治体は、「和歌山県高野町」です。 還元率は40%! 和歌山県高野町に寄附をすることにより、和歌山県に ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 2

更新情報 2018/1/20追記:長野県大町市がモンベルバウチャーポイントの取り扱いを中止 2018/2/3追記:和歌山県串本町を追加 2018/3/20追記:長野県駒ケ根市を追加 2018/3/20 ...

おすすめウィンドシェルまとめ 3

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。 私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人 ...

Anker PowerHouse 4

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

ノディンジャケット 5

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

七宗町のふるさと納税 6

最終更新日:2018/8/3 アウトドアやキャンプグッズを返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用するメリットは大きいです。 良 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2018/8/11】 2017年12月11日まで行なわれたアマゾン サイバーマンデー。アウトドアブランドアパレルが25%オフセールということでいろい ...

七宗町のふるさと納税 8

  ふるさと納税の返礼品は、ダイソンやソニーのデジカメ、パソコン、航空券、うなぎ、肉、いくら、蟹。 とにかく、豪華でなにを選んだらいいのかわからない。「ふるさと納税ってなんなの?」って思った ...

車中泊の目隠しを銀マットで自作 9

「しっかり睡眠できるようになる」「リスクを少しでも回避できる」「断熱して快適に」といったメリットがある車中泊用シェード。 いままではリア(後部座席の窓(2枚)、荷台の小さい窓(2枚)、リアウインドー) ...

-テントの加水分解を研究

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.