アークテリクス(arcteryx) レビュー

真冬に活躍ダウン ソリウムARジャケット(アークテリクス)

更新日:

11月に入り、日中は暖かくても、朝晩はダウンが欲しくなる寒さになってきました。用途によって何種類も必要になりますよね。私の使っているダウンは以下の感じ。

仕事用・・・KODA Jacket/arcteryx(コダジャケット/アークテリクス)Spheric Parka/HOUDINI

アウトドア用・・・アトム LT ジャケット(アークテリクス)パタゴニア ナノエア フーディ

街着用・・・Thorium AR Jacket(ソリウムARジャケット)/ARC'TERYX

ほとんどアークテリクス。軽井沢アウトレットに行くことが多いのでアークテリクスが多くなります(軽井沢アウトレット内にサロモン・アークテリクスショップあり)。

だいたい30%OFFで購入でき、サイズ感や質感も確かめることが出来るのが要因でしょうか。サイズ感がわかっていればネットのセールでも躊躇なく買うことができます。

ソリウム,アークテリクス

今回は街着に使っているソリウム AR ジャケットをご紹介。Atomシリーズ・プロトンシリーズとのすみわけ、雨や風に強いアークテリクスのダウンはどれか?などを調べてみました。


ソリウム AR ジャケット

ソリウムARジャケットは、日常生活にもアウトドアにも使うことを考えられた使い勝手の良いダウンです。

アークテリクスのダウンには、ソリウムとセリウムがあります。

Thorium(ソリウム)
・アウターとしての着用を想定し、重量を抑えながらも耐久性の高い厚手の表地を採用。バックパックとの摩擦も考慮。
・750フィルパワーのプレミアムなヨーロピアングースダウンを使用。
・裾にドローコードを採用。
CERIUM(セリウム)
・バックパックへの収納を想定し、軽量性、コンパクト性を追及。薄手の表地を採用。
・850フィルパワーのプレミアムなヨーロピアングースダウンを使用。
※表地が薄く中のダウンが透けやすいためwhite gooseを採用
・タイトフィットデザイン

ソリウムの方がオールラウンドに使えるような、厚手の表面生地、程よいフィルパワー、ゆったりフィットになっています。

考え抜かれたフェザー配置になっていて濡れても暖かいコアロフトを手首周りや肩など湿度が高くなりがちな場所に配置。750フィルのヨーロピアングースダウンを最も暖かさが求められる中心部と袖に配置。

表地には伸縮性がないですが、防風性はとても高いです。伸縮しないけれども動きやすさはしっかりとあります。

アークテリクスのダウン

アークテリクスはダウン分野は後発メーカーと言われています。アークテリクスダウンのメリットは、デザイン・カッティングが良いのでビジネスや街着、もちろんアウトドアでも、活躍の場が広いことだと思っています。

用途別にさまざまなダウンモデルが展開されています。

オールラウンド・・・フィション SV ジャケット、ファイヤービーARジャケット、ソリウム、セリウム、Atomシリーズ

クライミング・・・プロトンシリーズ、ニュークレイシリーズ

ライフスタイル・・・コダジャケット、エイムスジャケット

この中で天然のダウンを使用しているモデルは、ソリウム・セリウムシリーズのみです。

ほとんどのモデルは、アークテリクス独自素材のコアロフトという化繊ダウンを用いています。表地はゴアテックスを使ったフィション、ファイヤービー、コダ、Tyono™ 20シェル(ウィンドシェル)を使ったアトムシリーズ、Fortius™ Air(ソフトシェル)を使ったプロトンシリーズ。

雨にも風にも完全防備のダウンが欲しい方は、フィション SV ジャケットやコダジャケットがおすすめ。私はコダジャケットを愛用しています。

【レビュー】KODA Jacket/arcteryx(コダジャケット/アークテリクス)

アウトドアにも使うし街着としても使いたい方はアトムシリーズがおすすめ。冬を越す為に買うのならアトムARフーディ。アトムLTフーディとアトムSLフーディは冬場は街着としては寒いと思います。

【レビュー】ARC'TERYX/アトム AR フーディー(ATOM AR HOODY)

 

写真レビュー

ソリウム,アークテリクス

わりとゆるっとしたスタイル。レギュラーフィットです。濃いブルーの部分がコアロフト。薄いブルーの部分がヨーロピアンダウン。

 

ソリウム,アークテリクス

襟は低めです。ソリウムARフーディの方が襟が高く暖かいです。「フーディタイプを買えばよかったかな」とちょっと後悔してます。

 

ソリウム,アークテリクス

袖の部分は、濡れやすいのでコアロフトに。生地も他の部分のものより耐久性が高そうです。

 

ソリウム,アークテリクス

背面。もこもこダウンっぽくは見えないです。

ソリウム,アークテリクス

内側。滑りの良い素材が使われています。また、ポケットが大きいです。

 

ソリウム,アークテリクス

セリウムARフーディなどにはないドローコード付き。風が強い日は絞れば寒さがしのげます。

 

ソリウム,アークテリクス

生地が変わっている部分がポケット。

 

ソリウム,アークテリクス

ソリウム,アークテリクス

ポケットの中に収納袋がセットしてあります。

ソリウム,アークテリクス

ソリウム,アークテリクス

袋に入れた状態。収納袋は本体から取り外さなくても入れることが出来ます。

ソリウムARジャケットの重量・サイズ感

ゆったり着たかったのでLサイズを購入しました。ちょっと大きめ。

私の身体サイズ:胸囲105cm、腹囲78cm、肩幅48cm、175cm/75kg ユニクロはLサイズ

アウターとしてしか考えていないです。パタゴニアのR1ジャケット(Mサイズ)との組み合わせで冬は余裕で越せます(長野県で)。

ユニクロだとワンサイズ大きいくらい、パタゴニアとは同じくらいのサイズ感です。

重さはLサイズで411g。セリウムSLジャケットだと185gなので軽さを求めるならばセリウムシリーズですね。

洗濯の仕方・おすすめのクリーニング

アークテリクスはグランジャーズを推奨しているそうです。

表面の撥水を回復させる為にグランジャーズを使用します。公式サイトには以下のように書いてあります。

  1. 手洗いモードの洗濯機で水洗い
  2. 漂白剤の使用不可
  3. デリケートモードで低温乾燥
  4. アイロンの使用不可、絞るように脱水不可、ドライクリーニング不可

グランジャーズで手洗いして、よくすすぎ、軽く押して水分を取り除き、エアコンの風で乾かしてます。

シーズンオフにはリナビスという宅配クリーニングで完璧にきれいにしています。しみ抜き・衣類の修繕・6か月間の保管が無料と便利です。毛玉も取ってくれます。自分で洗濯してダウンを悪くしてしまうのが恐い方にはおすすめ。

ソリウムARジャケットまとめ

ソリウムARジャケットは便利に使っています。「おすすめダウンか」と言われると評価が難しいアイテムだと思います。

主に街着として冬場に使いたい方はソリウムではなくアトムARフーディの方がおすすめです。完全に化繊なのでメンテナンスが楽。濡れたら洗濯機で洗えば大丈夫。伸縮性があるので身体も楽だと思います。

スーツに合わせて着たい、雨にも風にも完全防備のダウンが欲しい方は、フィション SV ジャケットやコダジャケットがおすすめ。着丈が長いのでアウトドアっぽくないです。

ひたすら暖かいアークテリクスのダウンが欲しい方にはおすすめです。パタゴニアのダウンセーターなどと競合になりますね。いまならアトムARフーディ買うかな。

ソリウムARシリーズ セール情報

2017/11/9までクーポンコード「AKISP20CP」を入力すると表示価格からさらに20%OFF

アドセンス336px




アドセンス336px




PR



\ シェアしてください /

よく読まれている記事

1

賛否両論ありますふるさと納税。 私の故郷である世田谷区では30億円の税収減(3.3%減)だそうです。 ...

2

準備中の記事です 早いもので、もう11月。ふるさと納税の締め切り、福袋の予約、歳末セールの開始、とア ...

3

今日は11月1日。今年度のふるさと納税もあと二ヶ月。2017年度分は2017年12月31日までです。 ...

長野県大町市モンベルバウチャーポイント 4

アウトドア関連のふるさと納税で人気ランキングNo.1!モンベルのポイントバウチャー。 バウチャーポイ ...

カバートオーバーナイトミッション 5

5年かけてやっと探し当てたビジネスバッグ! ビジネスマンのみなさん、ビジネスブリーフケース探しでお悩 ...

-アークテリクス(arcteryx), レビュー

Copyright© とんがりてんと , 2017 All Rights Reserved.