アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

本日のセール


最大35%オフ!フーディニジャケットもアメニティドームもあるよ。

【スノーピーク、パタゴニアがセール】ナチュラムタイムセール(7/18 17:59まで)

アークテリクス(arcteryx)

アークテリクスのダウン「ソリウムARジャケット」の特徴や写真をブログレビュー

更新日:

11月に入り、日中は暖かくても、朝晩はダウンが欲しくなる寒さになってきました。用途によって何種類も必要になりますよね。私の使っているダウンは以下の感じ。

仕事用・・・KODA Jacket/arcteryx(コダジャケット/アークテリクス)Spheric Parka/HOUDINI

アウトドア用・・・アトム LT ジャケット(アークテリクス)パタゴニア ナノエア フーディ

街着用・・・Thorium AR Jacket(ソリウムARジャケット)/ARC'TERYX

ほとんどアークテリクス。軽井沢アウトレットに行くことが多いのでアークテリクスが多くなります(軽井沢アウトレット内にサロモン・アークテリクスショップあり)。

【アウトレット】アウトドアブランドが豊富 軽井沢・プリンスショッピングプラザ

だいたい30%OFFで購入でき、サイズ感や質感も確かめることが出来るのが最大のメリットですね。サイズ感がわかっていればネットのセールでも躊躇なく買うことができます。

 

ソリウム,アークテリクス

今回は街着に使っているソリウム AR ジャケットをご紹介。Atomシリーズ・プロトンシリーズとのすみわけ、雨や風に強いアークテリクスのダウンはどれか?などを調べてみました。

ソリウム AR ジャケット

ソリウムARジャケットは、日常生活にもアウトドアにも使うことを考えられた使い勝手の良いダウンです。

アークテリクスのダウンには、ソリウムとセリウムがあります。

Thorium(ソリウム)
・アウターとしての着用を想定し、重量を抑えながらも耐久性の高い厚手の表地を採用。バックパックとの摩擦も考慮。
・750フィルパワーのプレミアムなヨーロピアングースダウンを使用。
・裾にドローコードを採用。
CERIUM(セリウム)
・バックパックへの収納を想定し、軽量性、コンパクト性を追及。薄手の表地を採用。
・850フィルパワーのプレミアムなヨーロピアングースダウンを使用。
※表地が薄く中のダウンが透けやすいためwhite gooseを採用
・タイトフィットデザイン

ソリウムの方がオールラウンドに使えるような、厚手の表面生地、程よいフィルパワー、ゆったりフィットになっています。

考え抜かれたフェザー配置になっていて濡れても暖かいコアロフトを手首周りや肩など湿度が高くなりがちな場所に配置。750フィルのヨーロピアングースダウンを最も暖かさが求められる中心部と袖に配置。

表地には伸縮性がないですが、防風性はとても高いです。伸縮しないけれども動きやすさはしっかりとあります。

アークテリクスのダウン

アークテリクスはダウン分野は後発メーカーと言われています。アークテリクスダウンのメリットは、デザイン・カッティングが良いのでビジネスや街着、もちろんアウトドアでも、活躍の場が広いことだと思っています。

用途別にさまざまなダウンモデルが展開されています。

オールラウンド・・・フィション SV ジャケット、ファイヤービーARジャケット、ソリウム、セリウム、Atomシリーズ

クライミング・・・プロトンシリーズ、ニュークレイシリーズ

ライフスタイル・・・コダジャケット、エイムスジャケット

この中で天然のダウンを使用しているモデルは、ソリウム・セリウムシリーズのみです。

ほとんどのモデルは、アークテリクス独自素材のコアロフトという化繊ダウンを用いています。表地はゴアテックスを使ったフィション、ファイヤービー、コダ、Tyono™ 20シェル(ウィンドシェル)を使ったアトムシリーズ、Fortius™ Air(ソフトシェル)を使ったプロトンシリーズ。

雨にも風にも完全防備のダウンが欲しい方は、フィション SV ジャケットやコダジャケットがおすすめ。私は、「コダジャケット」を愛用しています。

アウトドアにも使うし街着としても使いたい方はアトムシリーズがおすすめ。冬を越す為に買うのならアトムARフーディ。アトムLTフーディとアトムSLフーディは冬場の街着としては寒いと思います。

【レビュー】ARC'TERYX/アトム AR フーディー(ATOM AR HOODY)

アークテリクス社員みんなが持ってる アトム LT ジャケット(アークテリクス)

超軽量 Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

ソリウムジャケット 写真レビュー

ソリウム,アークテリクス

わりとゆるっとしたスタイル。レギュラーフィットです。濃いブルーの部分がコアロフト。薄いブルーの部分がヨーロピアンダウン。

 

ソリウム,アークテリクス

襟は低めです。ソリウムARフーディの方が襟が高く暖かいです。「フーディタイプを買えばよかったかな」とちょっと後悔してます。

 

ソリウム,アークテリクス

袖の部分は、濡れやすいのでコアロフトに。生地も他の部分のものより耐久性が高そうです。

 

ソリウム,アークテリクス

背面。もこもこダウンっぽくは見えないです。

ソリウム,アークテリクス

内側。滑りの良い素材が使われています。また、ポケットが大きいです。

 

ソリウム,アークテリクス

セリウムARフーディなどにはないドローコード付き。風が強い日は絞れば寒さがしのげます。

 

ソリウム,アークテリクス

生地が変わっている部分がポケット。

 

ソリウム,アークテリクス

ソリウム,アークテリクス

ポケットの中に収納袋がセットしてあります。

ソリウム,アークテリクス

ソリウム,アークテリクス

袋に入れた状態。収納袋は本体から取り外さなくても入れることが出来ます。

ソリウムARジャケットの重量・サイズ感

ゆったり着たかったのでLサイズを購入しました。ちょっと大きめ。

私の身体サイズ:胸囲105cm、腹囲78cm、肩幅48cm、175cm/75kg ユニクロはLサイズ

アウターとしてしか考えていないです。パタゴニアのR1ジャケット(Mサイズ)との組み合わせで冬は余裕で越せます(長野県で)。

ユニクロだとワンサイズ大きいくらい、パタゴニアとは同じくらいのサイズ感です。

重さはLサイズで411g。セリウムSLジャケットだと185gなので軽さを求めるならばセリウムシリーズですね。

アークテリクスショップの店員さんに聞いた化繊ダウンの洗濯方法

アークテリクスショップの店員さんに洗濯方法を聞いてきました。

step
1
ジッパーをすべて閉めて、ネットに入れる

しっかりとジッパーを閉めて洗濯をして下さい。

ジッパーで生地が傷つくことがあるそうです。

step
2
中性洗剤で洗濯機でクリーニング


手洗いモードの洗濯機で水洗いします。特別な洗剤でなくてもよいそうです。しかし、漂白剤やソフト剤が入ったものは使ってはいけません。化繊ダウンの目に詰まってしまうそうです。

もしも、表面の撥水性が落ちてきている場合は、撥水を回復させる為にグランジャーズを使用します。

step
3
脱水はかけずに、日陰で干す


アイロンの使用不可、絞るように脱水不可、ドライクリーニング不可。脱水はかけないでよいそうです。日陰で干せば、一日かからずに乾きます。

基本的に化繊ダウンは疎水性(水を排除しようとする)なので乾きやすいそうです。

面倒な時や洗濯アイテムが大量の時はプロに任せると安心。

おすすめのクリーニング屋さん



ソリウムARジャケットまとめ

ソリウムARジャケットは便利に使っています。暖かいダウンを求めている方にはおすすめのダウンジャケットです。

身体にぴったり合うサイズを選ぶと本当にぽかぽか。あまり身体を動かさない状況に適しています。

主に街着として冬場に使いたい方はソリウムではなくアトムARフーディの方がおすすめです。完全に化繊なのでメンテナンスが楽。濡れたら洗濯機で洗えば大丈夫。伸縮性があるので身体も楽だと思います。

【アウトドアブランド】洗濯が簡単、暖かいおすすめダウンジャケットまとめ

スーツに合わせて着たい、雨にも風にも完全防備のダウンが欲しい方は、「フィション SV ジャケット」や「コダジャケット」がおすすめ。着丈が長いのでアウトドアっぽくないです。

ひたすら暖かいアークテリクスのダウンが欲しい方にはおすすめです。パタゴニアのダウンセーターなどと競合になりますね。

以上、アークテリクスのダウンまとめ おすすめソリウムARジャケット(アークテリクス)という話題でした。

関連記事

アーカイブ

最近の投稿

2019年6月によく読まれている記事

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電! 1

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 2

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出ていましたが、「Anke ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 3

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 4

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 5

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 6

最終更新日:2019/5/26 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/7/18】 アウトドアブランドのセール時期について。まず、年末年始セールが始まります。例年12月15日頃からセールが始まり、年末年始セール ...

おすすめウィンドシェルまとめ 8

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人それぞ ...

-アークテリクス(arcteryx)

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.