アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

パタゴニア アウトレット

【8/23にセールアイテム大量追加!】パタゴニアで2019年秋冬モデルが発売開始。レトロXジャケットやナノエア、パーカーなど今なら色もサイズも選べます。暑くて冬服を買う感じでもないけど、冬までには売り切れてしまうのでお早めに。

パタゴニアオンラインショップはこちら

レビュー

シンプル頑丈 トランギア | メスティン・ケトル・ストームクッカー

更新日:

トランギア メスティン

「山と食欲と私」というマンガで使われて再ブレイク中のトランギア。メスティンで「豪快オイルサーディン丼」作ってましたね。

トランギアは、高い耐風性や軽量さ、収納性を兼ね揃えた製品を数多く手掛けているアウトドアブランドであり、世界中のキャンパー、クライマーから高い評価を得ています。

トランギア社は1925年にスウェーデンで設立

トランギア社は、1925年のスウェーデンでJohn E.Jonssonによって設立されました。はじめは家庭用調理器具を製造していた同社でしたが、1930年代に労働者の余暇時間が増大し、キャンプ用品に対する需要が高まると、キャンプ用の調理器具の生産へとシフトしていくこととなります。

そして1951年に開発したのが、後にトランギアの代表的商品となる「ストームクッカー」の試作品です。液体燃料を使用している点、バーナーやフライパン、ポットといった器具のセットでありながらも高い収納性を実現している点などから、この製品は多くのアウトドア愛好家から購入されるようになり、売上を伸ばしてくこととなります。その結果、トランギアは世界的に有名なアウトドア用品メーカーとなりました。

ストームクッカーは、何度も改良を重ねながら現在も販売されており、世界中に多くのファンが存在する製品となっています。バーナー、風防・ゴトク、フライパン、ソースパン×2、ハンドルが同梱されている一方、コンパクトに収納できるため、携帯するのにもとても便利です。

また、バーナーの火力や耐風性の高さも強みです。風防の役割も果たすゴトクの存在やフタとしても使えるフライパンのおかけで風の侵入を防ぐことができるうえ、スタンドベースの空気孔によって酸素も確保することができ、強い火力を可能としています。さらに、バーナーはアルコールを使用するタイプであるため、燃料の確保が容易である点も強みです。

ストームクッカーはバリエーションも豊かです。外側にアルミ、内側にステンレスを採用し、熱伝導率と耐久性の両面を兼ね揃えている「デュオーサル」や、アルミニウムを使用し、さらなる軽量化を図った「ウルトラライト」、アルミの腐食を防ぐ処理を行った「ULハードアノダイズド」などがあるほか、それぞれにS、Lの2つのサイズが用意されています。どの製品も軽量となっており、最も軽い「ウルトラライト」のSサイズが770g、最も重い「ストームクッカー ブラックバージョン」でも1149gです。

ストームクッカー以外にも、ケトルやメスティンなど、多くの製品をトランギアは販売しています。

まずケトルについては、0.6リットル、0.9リットル、1.4リットルの3種類が販売されています。コンパクトかつ軽量であるため、ストームクッカーと同様、持ち運びにも向いています。

メステインについても、通常のサイズとラージの2種類から選ぶことが可能です。こちらもアルミを使用しているため、熱が全体へと広がり、ごはんを美味しく炊くことができます。

このほか、中型・小型のクッカーセットやフライパンも手がけています。また、ストームクッカーにも含まれているアルコールバーナーは別売りもされており、人気です。やはり、どの製品も軽量・コンパクト、そして頑丈に作られていますから、登山やキャンプに最適なアウトドア用品となっています。

以上のように、携帯に便利なサイズ・重さでありながらも丈夫であり、なおかつ機能性に優れているのがトランギアの製品です。このため、その使い勝手の良さ、品質の高さが日本国内でも評判となっており、現在では多くのファンもいるようです。

実際、SNSなどを確認するとユーザーの満足度の高さを窺い知ることができます。特に目立っているのは、アルコールバーナーやメスティンを使用しているという報告です。キャンプでの使用だけでなく、多様な用途にも使うことのできるこれらの製品は、やはり多くの方から愛用されています。さらに、比較的安めで購入できるという点も人気の理由のひとつとなっているようです。

とはいえ、注意点もあります。

まずメスティンについては、購入時に「バリ取り」という作業が必要となります。「バリ」とは、製造過程において生じる突起のことですが、鋭利となっている部分もあるため、放置しておくとケガの原因にもなりかねません。危険なので、忘れずに行いましょう。

「バリ取り」は、紙ヤスリなどでバリを削って行います。このようなヤスリは100円ショップなどでも購入できますから、入手はそれほど難しくないでしょう。

また、トランギアのメスティンはアルミで作られてます。しかし、アルミには独特のにおいがあり、食べ物に移ってしまう恐れもあるようです。このため、シーズニングと呼ばれる作業もしておくことをおすすめします。

シーズニングは、製品に米のとぎ汁を入れ、15分程度煮沸するというものです。その後、とぎ汁を捨ててからよく水洗いをし、乾燥させて完了です。メスティンを購入する際は、このふたつを忘れずに行いましょう。

カテゴリー

関連記事

最近の投稿

2019年8月によく読まれている記事

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電! 1

何をするにも欠かせない存在となっているのが電気製品。それだけに、電気を使うことのできない状況に不安や不自由さ、不便さを感じることが多くなりましたね。このような問題を解消できるとして、注目されているアイ ...

【車中泊】Anker Powerhouse 200のレビューとQ&A 2

「Anker Powerhouse 200(213wh)」を車中泊におけるデバイス充電(スマホやipadなど)のために購入しました。 「Anker PowerHouse mini」という名称で情報が出 ...

パタゴニア レビュー記事一覧 【定番・名品】 3

実際に愛用しているパタゴニア製品のレビューをまとめました。 「パタゴニアは高いけどメリットあるかな?」といった方から「パタゴニアのどれを買おうか迷っている」といった方むけのまとめページです。 パタゴニ ...

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ 4

コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。 車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているの ...

Anker PowerHouse 5

コンパクトカーで車中泊する場合に問題になるのが電力。車中泊グッズではマット、目隠しの次くらいに重要です。キャンピングカーにすればなんの問題もなくなるのでしょうね。 エンジンをかけ続けることなく携帯の充 ...

アウトドアブランドふるさと納税まとめ 6

最終更新日:2019/8/20 アウトドアやキャンプグッズ、キャンプ場、アウトドア体験を返礼品にしている市町村をいくつかご紹介します。総務省の改悪により還元率が下がったところもありますが、まだまだ活用 ...

アウトドアブランドセール情報 7

【一年を通してセール情報を更新しています。最終更新日2019/8/23】 売り切れる前にチェック! てんとくん 8/23にセールアイテムが大量に追加されました。いまならR1フリースやTシャツ、バギーズ ...

おすすめウィンドシェルまとめ 8

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。 人それぞ ...

-レビュー
-

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.