アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

実際に使っている車中泊グッズまとめ(コンパクトカー用リスト)

コンパクトカーおすすめ車中泊グッズまとめ
コンパクトカー(フィットシャトル)で車中泊を行ない始めて5年。だいぶ、車中泊に使うアイテムが固定されてきたのでリスト化したいと思います。

車中泊旅行に行くときになって、必要なものを毎回書き出しているので、自分のための備忘録にもなるように。コンパクトカーで車中泊をしている、またはこれから車中泊を始める方にも参考になるといいな、と思っています。

キャンピングカーと違い、コンパクトカーでの車中泊は空間的な制約が大きいです。とにかく狭い。この点を、DIY的な工夫や車中泊グッズ選びで快適にしていくところにも面白みがありますね。

ハイエースやキャンピングカーが欲しいな、と思う時もありますが、通勤や買い物にも便利なコンパクトカーを使い回す方が経済的。フィットシャトルは背が低いので、N-VANが出たら乗り換えようかな。

完成までどのくらい時間がかかるかわかりませんが、すこしずつ書き足していきます。

車中泊に必要なものリスト

車中泊に必要なもの、あると便利なものをご紹介します。「しっかりと眠る」「電源を確保する」「おいしく飲食」「快適に過ごす・情報を得る」の4つのカテゴリーにわけてあります。

しっかりと眠る〜眠れないと旅が楽しめない

車中泊というくらいなので、一番の目的はしっかりと眠ること。登山の前泊、遠出をして途中で宿代わりに車中泊。翌日の行動のために車中泊するので、疲れがとれないと意味がないですよね。

しっかりと眠るためには、「段差をなくす」「暗くする」「暑さ寒さ対策」「安全対策」「防音」などが大事になってきます。

しっかり眠るための必需品

マットレス

寝袋

目隠し用マルチシェード

アウトドアウェア

マットレス

エクスペドのマットレス

created by Rinker
アイリスプラザ (IRISPLAZA)
¥3,480 (2018/11/13 20:31:48時点 Amazon調べ-詳細)

マットレスは防寒、断熱、体力回復のために必須。しっかり寝るために寝床は大事。

冬場は、アイリスオーヤマのマットレス 三つ折り 厚さ6cm ブラウン シングルを使っています。しっかり眠れる上に3,500円という値段も魅力。

それ以外の時期は、エクスペド(Exped)の厚み3.8cmのインフレータブルマット。とてもコンパクトになるので重宝しています。登山などのシビアな環境ではないので安いものでも十分だと思います。

車中泊用マットランキング

寝袋


寝袋は「ドイター/スターキャッチャー」と「イスカ/スノートレック1500」を使っています。

「ドイター/スターキャッチャー」は手足が出せて、行動もできます。星を撮影するための寝袋なのです。だから、スターキャッチャー。

車中泊だけでなく、部屋で仕事するときに着ています。

冬場は、ほんとうに重宝する寝袋です。

目隠し用マルチシェード

車中泊マルチシェード

車中泊で、「安全にしっかりと眠る」ために最も大事なアイテムが窓の目隠し用マルチシェードです。

「外の電灯で寝られない」「トラブルに遭わないように防犯したい(特に女性)」「寒さ対策・暑さ対策をしたい」といった問題をある程度解決してくれます。

フロントは自作シェード、リアは既製品のマルチシェードを使っています。

作る時間のない方・質のいいものを購入したい方→【車中泊】寒さ・暑さ対策、トラブル回避に 窓の目隠しマルチシェード

DIYで作る方→【車中泊】簡単!目隠し(シェード)を銀マットで自作 格安2000円

 

アウトドアウェア

車中泊で寝る時は、アウトドアウェアが便利です。家にいる時とは違い、トイレに行くときに一目に触れてしまいますからね。

寝袋に入る時は、フリースなど発熱するもので寝ると暖まりやすいです。熱をこもらせるタイプの服は寝袋が暖まらず、いつまでも寒いままです。

しっかり眠るためにあると便利なもの

換気用扇風機

耳栓

虫除け・殺虫剤

カーテン

 

電源を確保する

電源確保の必需品

ポータブルバッテリー

カーインバーター

ソーラーパネル

ポータブルバッテリー

アンカーパワーハウスをソーラー充電

created by Rinker
Anker
¥49,800 (2018/11/14 11:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

ポータブルバッテリーとは、その名称が示すとおり、持ち運び可能な電源のことです。自宅等であらかじめ充電しておくことで、電力の供給を受けられない場所でもテレビやエアコン、パソコンなどが使用できるようになります。

このような特徴から、主にキャンプや車中泊を行う方などに購入されています。

また、最近では災害への備えとして購入するケースも多いようです。地震や大雨などの天災が起こると停電の可能性も高まります。

こうした事態への対処として、ポータブルバッテリーを購入しておき、いざというときに備えるという方が増えています。

スマホやLEDライトなど充電する必要な物が増えているので、ポータブルバッテリーは車中泊の必需品と思います。

わたしが使っているのは、AnkerのPowerHouseです。5万円近くと少し高額なのですが、安心感が抜群。

【車中泊】Anker PowerHouseを購入する時に悩んだ点をレビューに

価格容量1Whあたり単価レビュー
Anker PowerHouse49,800円434Wh114.7円ブログ記事を見る
SmartTap PowerArQ64,800円624Wh103.8円ブログ記事を見る
suaoki ポータブル電源39,800円400Wh99.5円ブログ記事を見る
iMuto M10+ACインバーター33,560円372Wh90.2円ブログ記事を見る

※iMutoはACインバーターが別売りなので「バッテリー+ACインバーター」の価格になっています。

スマホの方は横にスクロールすると表がすべて見ることができます。

【大容量ポータブル電源4種比較】 もっと詳しく

【大容量ポータブル電源4種比較】車中泊、キャンプや災害に どこでも電源から充電!

カーインバーター

カーインバーター

created by Rinker
セルスター(CELLSTAR)
¥2,605 (2018/11/13 20:31:49時点 Amazon調べ-詳細)

カーインバーターがあると、走行中にシガーソケットからコンセントの形で充電できます。ポータブルバッテリーも充電できます。

【車中泊】電気毛布・冷蔵庫も使えるおすすめコンセント セルスター/インバーター HG-150

ソーラーパネル

suaokiソーラーパネルでスマホを充電

created by Rinker
Suaoki
¥14,500 (2018/11/13 23:07:23時点 Amazon調べ-詳細)

ポータブルバッテリーのアンカーパワーハウスを充電するために使っています。車の屋根につけるのは、ちょっと難しそうなので、道の駅で遊んでいる間に屋根の上に乗っけて充電しています。

【車中泊】anker powerhouseをソーラーパネルで充電(suaoki 60W)

おいしく飲食〜節約と健康

調理のための必需品

ガスバーナー

クーラーボックス

鍋・お皿・コップなどのカトラリー

調理のためにあると便利なもの

防臭袋

山専ボトル

快適に過ごす・情報を得る

楽しく過ごすための必需品

アマゾン プライム

Kindle Unlimited

SIMフリースマホとSIM

LEDライト

あると便利なもの

物干し

更新日:

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.