アウトドア・車中泊のレビュー、アウトドア系ふるさと納税の紹介

とんがりてんと

パタゴニア アウトレット

【9/19にレトロXの在庫追加!】パタゴニアで2019年秋冬モデルが発売開始。売れ筋のサイズやカラーは売り切れてしまうのでお早めに。セールアイテムもけっこうありますよ!

パタゴニアオンラインショップはこちら

【比較ランキング】 おすすめウィンドシェルまとめ

おすすめウィンドシェルまとめ

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。

人それぞれ、ウインドシェルに求めているメリットは異なると思います。ウィンドシェルは、メリットに振り切ったアイテムが多いので、「デメリットを許容できるか」で選ぶほうが失敗が減るでしょう。

ここでのランキングは以下の3つの要素を重視しています。同じような点を重視している方には少しは参考になるかな。

使用場面は、トレランと近場の軽登山、ハイキング、車中泊です。

ウインドシェル選びのポイント

  • 透湿性が高い、蒸れない、脱ぎ着しないで済む
  • 肌触りがいい、汗をかいても肌にはりつかない
  • ポケッタブルになる、走っている途中に脱いでも荷物にならない
  • ある程度の耐水性

わたしが使っているウィンドシェルを8つご紹介。ランキングではなく使用頻度順に並んでいます。

フーディニジャケット(パタゴニア)

パタゴニア フーディニジャケット
ウィンドシェルカテゴリーでは一番人気のパタゴニア フーディニジャケット。

とても良いアイテムです。しかし、サイズ感が難しいのでパタゴニア直営店などで試着してからがいいと思います。ぴったりサイズを選ぶと最高の着心地です。

ストレッチはあまりしません。透湿性も低いかな。防風性は高いです。風が強い日にはウインドシェルの中で最強。

コンパクトになり、とにかく軽いのが特徴です。パタゴニアのアンダーウェアと組み合わせると機能を発揮すると思います。

「まず一枚目のウインドシェル」として最適。価格が安く、シンプルなスタイル。パックサイズも小さくDWRコーティングの防水性が思いのほか高い。行動量が大きい時は少し蒸れやすい。ウインドシェルカテゴリーでは「最高の価値」と「最高のパフォーマンス」を誇るアイテム。

パタゴニア フーディニジャケット
パタゴニアのウインドシェル「フーディニ ジャケット」の特徴や写真をブログレビュー

超軽量ウィンドシェルでは一番人気のパタゴニア(patagonia)/Houdini Jacket(フーディニ ジャケット)。「私の山道具」という本の中で半数以上の方がフーディニジャケットをお気に入りと ...

【レビュー】フーディニ ジャケット/パタゴニア(Houdini Jacket/patagonia)

スワローテイルベントフーディ(ノースフェイス)

スワローテイルベントフーディ

まずは、ノースフェイスのスワローテイルベントフーディです。

スワローテイルフーディというウィンドシェルがありますが、さらにベント(換気機能)をプラスしたアイテム。要所にベンチレーションがあるので、走っていても熱が放出されます。

生地も表面は撥水。裏地は凹凸があり、汗をかいてもさらさらしています。生地自体がストレッチするのでカッティングの良さも相まって、とても身体が動かしやすいです。

スワローテイルベントフーディ
ウィンドシェルでNo.1 TNFR スワローテイルベントフーディ/THE NORTH FACE

総合格闘技の宇野薫選手が出演している動画で紹介されてる、TNFRスワローテイルベントフーディ。 五年ほど格闘技をしてきましたが、同年代の宇野選手がまだ現役であることにびっくり。 TNFRUN キミが走 ...

【レビュー】TNFR スワローテイルベントフーディ/THE NORTH FACE

アトムSLフーディ (アークテリクス)

アトムSLフーディ (アークテリクス)
アークテリクスの超軽量インシュレーションジャケット「アトムSLフーディ」。若干、化繊ダウンが封入されています。「ウインドシェルなのか?」といわれると悩むところなのですが、個人的にウインドシェル的に使っているので取り上げました。

化繊ダウンが入っているとはいえ、本当に少しです。この少し入っていることによって、湿度や熱のコントロールがしやすくなっています。当然、風にも強くなります。脇がストレッチフリースになっているので伸縮性もあり、着心地抜群。

ちょっと寒い時期、梅雨や秋はアトムSLフーディを好んで使っています。

アトムSLフーディ (アークテリクス)
超軽量 Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

梅雨時〜秋頃に使えそうなAtom SL Hoody / Arc'teryxを購入しました。夏山の稜線上や山頂などでの休憩中にも重宝しそうな絶妙なポジショニングの商品だと思います。中綿入りやウインドシェ ...

超軽量 Atom SL Hoody(アトム SL フーディ)/アークテリクス

アルパインスタートフーディ (ブラックダイヤモンド)

アルパインスタートフーディ
ブラックダイヤモンドのアルパインスタートフーディはソフトシェルです。ウィンドシェルに含んでいいのか悩みました。

ショーラーという素材を使っていて、ストレッチと透湿性が優秀。とにかく着心地が良いです。撥水性も高く、小雨であれば弾き飛ばします。重量的に重いですが、摩擦にも強く、頑丈。走っていても、とても安心感のあるシェル。サイズ感はパタゴニアに近いです。

ブラックダイヤモンドのウインドシェルカテゴリーには、2019年春夏モデルとして発売された「ディスタンスウィンドシェル(公式サイト)」があります。

アルパインスタートフーディ/ブラックダイヤモンド(Alpine Start Hoody/Black Diamond)

ショーラーのソフトシェルが欲しい人は多いですよね。 個人的にはずっと欲しかった商品。欲しい商品を雑誌で見ると切り抜いてノートに張る。ノートに保存したものはだいたい手に入るという不思議さ。 Peaksか ...

【レビュー】アルパインスタートフーディ/ブラックダイヤモンド(Alpine Start Hoody/Black Diamond)

ノディンジャケット・スコーミッシュフーディ(アークテリクス)

着心地重視の方にはアークテリクスのウィンドシェルが一番おすすめ。

ナイロン感が好きな方はスコーミッシュフーディ、柔らかい素材感が好みの方はノディンジャケット。シルエットもほかのアウトドアブランドよりきれいなので街着としてもNo.1です。

ノディンジャケット
スコーミッシュと比較 ノディン ジャケット/アークテリクス(Nodin Jacket)

森林浴をするために軽井沢へ。街並や自然の深さが素敵なところです。 なんとなく軽井沢アウトレットに行ってみたら、アークテリクスが大豊作。軽井沢アウトレットには、「サロモン・アークテリクスショップ」があり ...

【レビュー】スコーミッシュと比較 ノディン ジャケット/アークテリクス(Nodin Jacket)

スコーミッシュフーディとフーディニジャケット
スタイリッシュで着心地がいい スコーミッシュ フーディ/アークテリクス(Arc'teryx Squamish Hoody)

ウィンドシェルが好きなのでちょこちょこ買ってます。 値段も1〜2万円くらいで手が出しやすく、使える季節も長いので何枚持っていても、わりと出番が多いですね。 「【比較ランキング】 おすすめウィンドシェル ...

スタイリッシュで着心地がいい スコーミッシュ フーディ/アークテリクス(Arc'teryx Squamish Hoody)

タントラムフーディ(アウトドアリサーチ)

タントラムフーディ

使用環境を「トレラン」だけに限れば、もっとも使っているタントラムフーディ。収納袋に入れた状態で腰に巻けるようなギミックがあります。

収納袋の中に、エナジージェルなども入れることができるのでウエストポーチが必要なくなります。ウエストベルト部分が重いので、とことん軽さを求める方にはおすすめではありません。

腰に巻けるので、身体が温まってきて、ウィンドシェルを脱いだあとに「タントラムフーディでよかった」と思うことがしばしばあります。日本ではあまり売れ筋のウインドシェルではありませんが、海外ではフーディニジャケットと常に比較される定番アイテムです。

タントラムフーディ
トレランに最適 タントラムフーディ/アウトドアリサーチ

アウトドアリサーチのウィンドシェル、タントラムフーディ(Tantrum Hooded Jacket)を購入して半年たったので簡単なレビューを。 これからちょっとずつ書いていきます。 タントラムフーディ ...

【レビュー】タントラムフーディ/アウトドアリサーチ

シールドジャケット(ホグロフス)

ホグロフス シールドジャケット

8年ほど使っているホグロフスのウィンドシェル。まだフルマークスが代理店をやっている頃に購入しました。現行商品だと、L.I.M SHIELD COMP HOODにあたります。

このジャケットの良いところは、着たときにスリムに見えるカッティング。欧米モデルなので胸板の部分にボリュームがあって、ウエストが絞れています。

好天時に走っている時はフードがいらないので、いまでもシールドジャケットを使うことが多いです。

UL.ストレッチウインドーパーカ(モンベル)

2018年4月に購入しました。ぜひ、試着して頂きたいのですが、すごい伸縮性です。ソフトシェルのようなストレッチ、ウインドシェルの防風性。「伸びるフーディニジャケット」という印象。そして安い!価格重視の方、身体への追従性を必要としている方におすすめ。

モンベルの方針なのか、楽天などのウェブショップでモンベル製品が買えなくなってきています。購入は直営店でどうぞ!

U.L.ストレッチウインド パーカ
ありえないほどストレッチ U.L.ストレッチウインド パーカ(モンベル)

ふるさと納税を利用して「U.L.ストレッチウインド パーカ」をモンベル諏訪店で購入しました。 モンベル 諏訪店でモンベルポイントバウチャーを使ったよ カタログで見た時から気になっていましたが、実際に試 ...

ありえないほどストレッチ U.L.ストレッチウインド パーカ(モンベル)

海外でのウインドシェルランキング5種

OutdoorGearLab」というサイトで「ウインドシェルランキング」のページがありましたので意訳します。

ウインドシェル5種

  • パタゴニア フーディニジャケット
  • ブラックダイヤモンド(BD) ディスタンスウィンドシェル
  • アウトドアリサーチ(OR) タントラムフーディ
  • ラブ バイタルウィンドシェルフーディー
  • アークテリクス スコーミッシュフーディ

評価は10点満点。「合計点」は各項目に軽重をつけて出されています。「着心地」と「防風性」を同じ重要度で合計しても正しい評価になりませんからね。

項目の横にある数字がその割合です。パーセンテージが大きいものほどウインドシェルで重要とされている機能となります。

ウインドシェルランキング比較表

フーディニディスタンスタントラムバイタルスコーミッシュ
ブランドパタゴニアBDORラブアークテリクス
価格(税込)14,580円14,580円16,740円17,280円23,760円
防風性(30%)88795
透湿性(30%)88758
携帯性(20%)89875
着心地(10%)778810
撥水性(10%)84665
合計点7977727064

※表は右に動きます

ランキングアイテムの一言レビュー

パタゴニア フーディニジャケット


価格が安く、シンプルなスタイル。パックサイズも小さくDWRコーティングの防水性が思いのほか高い。行動量が大きい時は少し蒸れやすい。ウインドシェルカテゴリーでは「最高の価値」と「最高のパフォーマンス」を誇るアイテム。

ブラックダイヤモンド ディスタンスウィンドシェル


とにかく軽い。胸ポケットが大きい。新撥水加工GTIテクノロジーは防水性が低い。ファスト&ライトな登山・トレイルランニングに特化したウインドシェル。

アウトドアリサーチ タントラムフーディ


ストレッチ性・透湿性が高く快適。ハイアクティビティに適している。

ラブ バイタルウィンドシェルフーディー


防風性が非常に高い。フードの出来があまり良くなく、透湿性が低い。ポケットが多く、大きいので便利。

アークテリクス スコーミッシュフーディ


透湿性がとても高く、シルエットがスタイリッシュ。価格が高く、ハンドポケットがない。風、小雨、涼しい気候のときに真価を発揮するウインドシェル。

誰にでもおすすめできるウィンドシェルはこの3つ

防風性や透湿性、デザインなど人それぞれウインドシェルを選ぶ基準は様々。総合的におすすめできるのは3つ。「とにかく風を防ぎたいならフーディニジャケット」「かっこいいのがジャケットが欲しいならスコーミッシュフーディ」「かっこよくて透湿性が高いのならスワローテイルベントフーディ」。

誰にでもおすすめできるウィンドシェルはこの3つ

  • フーディニジャケット
  • スコーミッシュフーディ
  • スワローテイルベントフーディ

どれを選んでも鉄板です。各ブランドのアイコンになる名品なのでサイズ感に失敗がなければ、気に入って頂けると思います。ここまで読んでみたけど「ウインドシェルじゃなくてゴアテックスジャケットがいいな」という方には「【アークテリクス】ゴアテックスジャケットの選び方」という記事があります。ゴアテックスジャケットにはウインドシェルとは違った良さがありますね。

以上、【比較ランキング】 おすすめウィンドシェルまとめという話題でした。

更新日:

Copyright© とんがりてんと , 2019 All Rights Reserved.