アウトドアまとめ

【比較ランキング】 おすすめウィンドシェルまとめ

更新日:

おすすめウィンドシェルまとめ

春から秋まで確実に3シーズン使い倒せるウィンドシェル。

私も数枚所有しています。「ウィンドシェル」といってもナイロン素材のものからソフトシェルのものまで幅が広いです。定義があいまいなのでしょうね。

人それぞれ、ウィンドシェルに求めているメリットは異なると思います。ウィンドシェルは、メリットに振り切ったアイテムが多いので、「デメリットを許容できるか」で選ぶほうが失敗が減るでしょう。

ここでのランキングは以下の3つの要素を重視しています。同じような点を重視している方には少しは参考になるかな。

使用場面は、トレランと近場の軽登山、ハイキングです。

ウインドシェル選びのポイント

・透湿性が高い、蒸れない、脱ぎ着しないで済む

・肌触りがいい、汗をかいても肌にはりつかない

・ポケッタブルになる、走っている途中に脱いでも荷物にならない




【1位】 スワローテイルベントフーディ(ノースフェイス)

スワローテイルベントフーディ

一位はノースフェイスのスワローテイルベントフーディです。

スワローテイルフーディというウィンドシェルがありますが、さらにベント(換気機能)をプラスしたアイテム。

要所にベンチレーションがあるので、走っていても熱が放出されます。

生地も表は撥水。裏地は凹凸があり、汗をかいてもさらさらしています。

生地自体がストレッチするのでカッティングの良さも相まって、とても身体が動かしやすいです。

【レビュー】TNFR スワローテイルベントフーディ/THE NORTH FACE

【2位】 アルパインスタートフーディ(ブラックダイヤモンド)

アルパインスタートフーディ

ブラックダイヤモンドのアルパインスタートフーディはソフトシェルです。ウィンドシェルに含んでいいのか悩みましたが、役割的には同じなので二位としました。

ショーラーという素材を使っていて、ストレッチと透湿性にとても優れています。

とにかく着心地が良いです。

撥水性も高く、小雨であれば弾き飛ばします。

重量的に重いですが、摩擦にも強く、頑丈。走っていても、とても安心感のあるシェルです。

【レビュー】アルパインスタートフーディ/ブラックダイヤモンド(Alpine Start Hoody/Black Diamond)

【3位】 シールドジャケット(ホグロフス)

ホグロフス シールドジャケット

8年ほど使っているホグロフスのウィンドシェル。まだフルマークスが代理店をやっている頃に購入しました。

このジャケットの良いところは、着たときにスリムに見えるカッティング。欧米モデルなので胸板の部分にボリュームがあって、ウエストが絞れています。

好天時に走っている時はフードがいらないので、いまでもシールドジャケットを使うことが多いです。



【4位】 フーディニジャケット(パタゴニア)

パタゴニア フーディニジャケット

ウィンドシェルカテゴリーでは一番人気のパタゴニア フーディニジャケット。

とても良いアイテムです。サイズ感が難しい。

ストレッチはあまりしません。透湿性も低いかな。風が強い日にはウインドシェルの中で最強です。

コンパクトになり、とにかく軽いのが特徴です。パタゴニアのアンダーレイヤーと組み合わせると機能を発揮すると思います。

パタゴニア_フーディニジャケット
一生使い続けたいもの フーディニ ジャケット/パタゴニア(Houdini Jacket/patagonia)

超軽量ウィンドシェルでは一番人気のパタゴニア(patagonia)/Houdini Jacket(フーディニ ジャケット)。 「私の山道具」という本の中で半数以上の方がフーディニジャケットをお気に入り ...

【5位】 タントラムフーディ(アウトドアリサーチ)

タントラムフーディ

使用環境を「トレラン」だけに限れば、2位になるタントラムフーディ。収納袋に入れた状態で腰に巻けるようなギミックがあります。

収納袋の中に、エナジージェルなども入れることができるのでウエストポーチが必要なくなります。

ウエストベルト部分が重いので、とことん軽さを求める方にはおすすめではありません。

身体が温まってきて、ウィンドシェルを脱いだあとに「タントラムフーディでよかった」と思うことがしばしばあります。

タントラムフーディ
トレランに最適 タントラムフーディ/アウトドアリサーチ

アウトドアリサーチのウィンドシェル、タントラムフーディ(Tantrum Hooded Jacket)を購入して半年たったので簡単なレビューを。 これからちょっとずつ書いていきます。 Contentsタ ...

【6位】 ノディンジャケット・スコーミッシュフーディ(アークテリクス)

着心地重視の方には一番おすすめ。似ているモデルでノディンジャケットもあります。ナイロン感が好きな方はスコーミッシュフーディ、柔らかい素材感が好みの方はノディンジャケット。

【レビュー】スコーミッシュと比較 ノディン ジャケット/アークテリクス(Nodin Jacket)



【7位】 UL.ストレッチウインドーパーカ(モンベル)

2018年4月に購入しました。ぜひ、試着して頂きたいのですが、すごい伸縮性です。ソフトシェルのようなストレッチ、ウインドシェルの防風性。「伸びるフーディニジャケット」という印象です。

価格重視の方、身体への追従性を必要としている方におすすめ。

U.L.ストレッチウインド パーカ
ありえないほどストレッチ U.L.ストレッチウインド パーカ(モンベル)

ふるさと納税を利用して「U.L.ストレッチウインド パーカ」をモンベル諏訪店で購入しました。 モンベル 諏訪店でモンベルポイントバウチャーを使ったよ カタログで見た時から気になっていましたが、実際に試 ...

【8位】 タグアロングジャケット(フーディニ)

Tag along JacketはHoudiniのウィンドシェル。着心地はスコーミッシュフーディに近い。ストレッチも若干あり、透湿性も高く、とにかく着心地がいいです。

サムホールがついている点が他のウィンドシェルとの差になります。

ウィンドシェルの重量比較

ウインドシェルの重量比較

 

スワローテイルベントフーディ

スワローテイルベントフーディの重さ

フーディニジャケット

フーディニジャケットの重さ

Mサイズ

 

フーディニジャケットの重さ

Lサイズ

ニュウモラップフーディ

ニュウモラップフーディの重さ

アルパインスタートフーディ

アルパインスタートフーディの重さ



海外でのウインドシェルランキング

  • Rab Windveil Jacket
  • Patagonia Houdini
  • Salomon Fast Wing Hoodie
  • Marmot Ether DriClime
  • Outdoor Research Tantrum

上記の5アイテムあたりが一般的な競合みたいです。
OutdoorGearLabで様々な要素を比較してみました。(10点満点です)

商品名 Rab Windveil Jacket Patagonia Houdini Salomon Fast Wing Hoodie Marmot Ether DriClime Arc'teryx Squamish Hoody
防風性  7 9 7  7 5
透湿性  9 8 7 6 8
動きやすさ  8 7 7 7 10
防水性  9 7 9 9 5
携帯性  8 3 9 10 7
重量  150g  241g  99g  85g  170g
良い点 防水性・透湿性が高く、動きやすく、コンパクト 防風性がとても高く、裏地が透湿性を高め暖かい 安い、コンパクト。DWRが良い とても軽く、防風性・防水性が高い ストレッチが効いていて透湿性が高い、かっこいい
悪い点 収納に使うポケットが弱い 暑い、小さくならない フードが収納できない 透湿性がない 防風性がない、高い

執筆途中の記事です







関連記事



最近の投稿




-アウトドアまとめ

Copyright© とんがりてんと , 2018 All Rights Reserved.